TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年11月

週刊 ラ フェラーリをつくる:コックピット 【急募!!】 ラ フェラーリ ドライバー <後編...のハズだったんです>

急募!! ラ フェラーリ ドライバー♪〔3〕


Cari compagni! Grazie mille!!

woman driver


★★やり甲斐のあるカスタマイズです(笑)★★


今回は実際に、可動フィギュアのラ フェラーリへの適応方法を考えてみたいと思います(前述のとおりプレイアーツ改限定話しになっちゃいますけど)。 って、ことで先日の写真の解析してみます。

FIG 02

seat 10


シェバ・アローマ(Biohazard 5)が胴体のサイズ的にはピッタリだと思うんですが、GT-R(イーグルモス 1/8 NISSAN GT-R)では何もかもがOKだったのに、ラ フェラーリだと、残念、頭がドライバーズシートから大きく(上へ)はみ出しちゃってますんで、これ何とかしないと。それと、シートと背中の間が離れてるでしょ? FRレイアウトのGT-Rはシートの背もたれが直立なので、大抵のフィギュアの搭乗を受け入れてくれますが、ラ フェラーリ様のような車高の低いミッドシップ車両の場合、乗員は背を猫背に曲めてクルマに搭乗することになるんで、腰や胸に可動部品を持たないアクションフィギュア達はこの段階で、ことごとく淘汰されてしまいます。ミッドシップ + バケットシート恐るべし。

で、先ずバケットシート対策。
フィギュアを造形する人って、皆さんお尻を突き出すようなスタイリングをするので、女性フィギュアの胴パーツ(=背骨)は弓なりに湾曲しているってのはほとんど常識で、ついでにこれならば胸部も突き出せるワケで、この方が好都合。しかし、1/8 モデルでブログする人にとっては正反対に辛都合なところ。プレイアーツ改の女性陣もご多分に洩れず、やっぱり全てがこれなんですが、そんなこと言われたって造型師さんにとったら、ミッドシップカーになんか乗せるなんて、初耳みたいなもんでしょうから。”猫背” なバケットシートに対して、”弓なり” な背中じゃ、パーツの形状からして既に180°も正反対! 最悪? どうする。胴パーツの形状が180°も違うんなら、なんならこのパーツ、文字通り180°ひっくり返しちゃったら... ハイ、猫背になりました。

twist.jpg
(ツイスト♪踊るときは腰をひねって1、2、3... そんな風も見えますけれども)

ほら、いい感じでバケットシートにも収まったでしょ!!
ただちょっとシェバの表情が...冴えないかな。ってことで小物を用意してみたら。
cool 2

OK、OK いい感じ! ヨシ、ひとつ問題解決です!
cool 1
(もしかして、どこが変ったかが、わからない人いませんか?)


お次は、ヘッドクリアランスの番。
先ずはこれ、実物の写真。実物の、っていっても、1/8 ラ フェラーリのコックピットの、なんですが。先行するイタリア本家のとある方のFacebookで見つけてきました。で、懸念のヘッドクリアランスなんですが、実車よりちょっと多めに取っているみたい。これ、自分的に結構ラッキーかも?

cockpit.jpg
Grazie ”1/8 scale model kit of LA FERRARI”!!

実車は、もう少し狭そう。
cockpit b
(ちなみにこの白も、上の1/8 も、ヘッドレストのプラッシングホースが黒入れですね)

クリアランスをどうしようかって悩んでたんですが、これくらいのヘッドクリアランスが確保出来てれば、頭部に関しては、シェバ・アローマのオリジナルヘッドそのまま使用で、”猫背化”も効いてるんで、サイズ的に問題ないでしょう。ララ・クロフトだったらそのままいじらなくても、もうOKです。
*
束ねた後ろ髪は取り外す必要があります。

これで、ふたつめの課題もあっけなくクリヤ!!!。楽勝、楽勝ですよ。

PB284602.jpg
久々の奥のララさん。置くだけでOK、の実換算 162センチ(小さい)。


今回は簡単すぎ。全然カスタマイズしてる気がしませんね~(←実際、何もしてないだろ! 今回)。 プレイアーツ改 様様です。 MR? バケットシート? 楽勝。
...と思ってたんですけど。事件発生! やっぱり、楽なことって続きませんね。


プレイアーツ改ってですね、新しいほどペイント技術が上がってて顔の表情も豊かになってるんです...比例して体もデカくなるんですけど。シェバさん、最近のモデルと違ってちょっと表情豊かとは言えず...。それとヘルメット装着もこだわってみたくて。ディテール豊かなヘルメットを加えることで、コックピット内の情報量って増えるし、ヘルメット越しの視線ってのが、なによりステキでしょ? それに、そもそもネタの都合ってのがありまして。ここまでが楽勝だったんで、これもわけないってハズだったんですが、微妙なところに伏兵が潜んでおりました。

えええっ?ラ フェラーリのシートの象徴の如き、かっこいいヘッドレスト。こいつの仕業で、ヘルメット入らん。頭が前に押し出されちゃって、猫背化が全く意味をなさなくなりました。というか、猫背のままヘッドレストに押し出された頭が、再び天井へ突き出してきてる。もしかしたら、最初っからやり直しかぁ!”フェラーリな” ヘッドレストがドライビングポジションを邪魔するなんて、でもこいつは外せない。はめ込み式だから簡単に外せる?って、そういう意味じゃなくって...。


ドライバー探しの話し、今回で終わるハズだったんです、本来は。

そんなところへ、そもそもの計画が木っ端微塵レベルのまさかの緊急事態。先に知ってたら、いまさら苦労しなくてもすんだのに、もう。ヘルメットがどうしても装着したいッ! ステキな視線が再現したいッ! つきましては、現在も手持ちの1/8 ヘルメットをならべては、いろんなことして対応の真っ最中です。個人的には一番手前のピカピカなやつが面白そうなんですが。...果たして、結果やいかに?! 

seat A06 2jp 2


♪人生、楽ありゃ苦もあるさ♪ 
苦がありゃ、楽だってあるよの方が順序としては精神的にいいと思うけどね、私。
(...でも順番逆なところが、さすが名曲です)




週刊 ラ フェラーリをつくる コックピット編 ドライバー探しのお話し
またもや!! To be continued...いたします。

ついでに、こんなのもしてみました。ダッシュボードカーボンパネルのつやピカ。
dash 01 2

実にイイ感じ(↑)、なんて自分は(自己)満足しておりました...。が、考えてみたら、もしかしたらこれ、別の”最初からやり直し~”に関わっていることなのかも。自分のブログ、最近よからぬことが顔を出してくるようで。
...この話しは、また後ほど。 (ヘルメット? ああ、これは単なるオモリです)



*******************************




*次回のカスタマイズは!...またもや、こわっ

seat A07
早いとこ、首から下を付けてあげないと!!
関連記事

週刊 ラ フェラーリをつくる:コックピット 【急募!!】 ラ フェラーリ ドライバー <中編>

急募!! ラ フェラーリ ドライバー♪〔2〕




woman driver


★★やり甲斐のあるお仕事です(笑)★★


アシェットの1/8 ラ フェラーリ ドライバー探しのお話しの続きです。

実はウチに何体かフィギュアがありまして。オークションとか安売りしてるのを見つけては、それなりに”スカウト”してきてストックしてたりしてます。ってのも、1/8 カーモデルに合うサイズというと、8分の175cmの身長=220ミリ、くらいのフィギュアが当てはまるんですが、1/8 で可動もこなせるフィギュアってあんまりないんです。

で、よく使うのがスクウェア・エニックスさんの『プレイアーツ改』ゴツくて実用不可(シートに尻が入らんデス)な、男性フィギュアは無視して、趣味と実益を兼ねた(謎)、女性モノをもっぱら使ってます。ただ、サイズがマチマチのノンスケール企画なので、身長も 200ミリくらいから、大きなものは270ミリまでにも到達します。で1/8 に適用すると270ミリx8=身長 2m16cm、もう笑えるくらいの大女ですが、これをドライバーズシートに納めようとすると...笑えません。ハハハハ。

とりあえず「書類審査」をした結果、今回は2名ほど選んできました、ってまあ、サイズと可動部分、それに入手価格をチェックした程度なんですが。


部長! お選びになられたお二人が来られてますが。 でも、なんか凄いんですけど
...いいんですか? アレで。
大丈夫、我が人事部は見かけで判断しない方針だってタカ君も知っとるだろ?

まあ、そのことはよ~く存じてはおりますが。

playarts 02
ララ・クロフト(Tomb Raider)    シェバ・アローマ(Biohazard 5)
装甲車にでも乗っていただいたほうが、よっぽど似合うと思うんですが、ワタシ。



とりあえずはシートに座ること優先なんで、身長で選んでます(ララ 202ミリ、シェバ 235ミリ)んで、申し訳ございませんが、武装は解除させていただきます。

「座わる?この小さいヤツに」「...まぁでも、結構悪くないかも、座り心地。」
FIG 01

235ミリ⇒188センチなんですけど、大部分が脚の長さなんで、結構収まるんですよ。
FIG 02

それでも、まだヘッドクリアランスが足りない。このままじゃ天井突き抜けちゃいますね。それと、上半身が直立してるので、これも頭の位置が上に来ちゃってる結果になっちゃってます。背中がバケットシートから離れちゃってるでしょ? ここ(背中)をなんとかすれば、いけるかも。ララ・クロフトさんの方はチョット小さすぎでドライビング体型に不自然さが残ります。こちらは、実換算162センチ。(それと実物-実人形-のスタイルがあんまり出来、よくないです)

これから、ちょっと工夫してみて、特に上半身をアジャストしていかなければならないみたいですが...。とりあえず本日は『一次面接』ってことで、モディファイは次回にいたしましょう。場合によって他の人材の応募もあるかもしれませんし。

FIG 03


...というのが、キミたちの仕事なんだけど。何か質問はあるかね?
あのう。
何にかな、キミ?
なんで部長さん、仮面ライダーなんです?
ウチは見かけで判断しない方針だって、ちょっと説明してくれんかね、タカ君。

*
ララ(中央)とシェバ(右)で、この身長差。同じプレイアーツ改なんですが。
胴部分だけじゃなく、お尻の位置(つまり、足の長さ)にも注目。



週刊 ラ フェラーリをつくる コックピット編 ドライバー探しのお話し
またもや!! To be continued...いたします。



woman driver b-2
(個人的にこの写真が好きなんで。ただそれだけです!)





*次回のカスタマイズは!...こわっ

FIG 05
ロボコップなシェバさん。美人ドライバーにしますから暫しご辛抱を!!
関連記事

週刊 ラ フェラーリをつくる:コックピット 【急募!!】 ラ フェラーリ ドライバー <前編>

急募!! ラ フェラーリ ドライバー♪




woman driver


★★やり甲斐のあるお仕事です★★


【仕事内容】
アシェット 1/8 ラ フェラーリのドライバー
※座りながら出来るお仕事です!
ラ フェラーリのコックピット内からモデルカーを華やかに演出してください。

【求める人】
身長 200ミリ~220ミリ (実務経験者は230ミリまで可)
学歴・年齢不問
レーシングドライバー経験者優遇
からだのバランスが整っていてドライピングスタイルに不自然さが無いこと。

【求める技能】
首、腕ならびに腰が可動すること。
表情(特に目つき)が豊かであること。
パドルシフトレバーを自然に操作できる(形を有する)こと。
センターコンソールのスイッチに手が届くこと。
※立ちポーズのみの方はご応募できません。


*******************************



本国イタリアのパーツ配布状況では、14号にてダッシュボードと共にコックピットフロアの提供、続く15号でインストルメントパネル(メーター)+ハンドル、その後も、続いてコックピット関連のパーツの提供となっておりました。配布内容や順序に若干の相違はあるかもしれませんが、恐らく、こちら日本でもこれからの数週間にてコックピットの製作が行われるものと思われます...。

でね、コックピットなんですけど、自分いつもドライバーのフィギュアを座らせるんですよ。理由は、コックピット内の情報量アップ。それと、誰も乗ってないクルマをディスプレイしてても何だか駐車場にぽつんと放置されてる様子の再現みたいで寂しいから。それよりも、コックピットに可動フィギュアなんかを入れると、ディスプレイにちょっとしたドラマ付けとかも出来て、いろいろと表現のはばが広がるし。こんなのもカスタマイズのひとつかなって思ってまして、その辺りを今回はご紹介いたします。

冒頭の求人募集(?)の写真(←クリック)、4人の女性ドライバー(最後のは性別不確)が銘々の格好で運転席にいるやつですが、それぞれに写真にはいい雰囲気が出てるでしょ? これが単に運転席だけの写真だったらこうはいかないんですけれど、そこに彼女ら(とわんこ)がいることで、写真の中に時間や状況の関連付けがイメージ出来きるんで、運転席の写真が、ストーリーのある活きいきとした絵に変って来るんです。人間の脳って、ヒトや生き物に大きく反応するから、絵や写真の中に描かれた人物に対してでも、その表情や視線、体の位置・角度、着ている服装の種類アクセサリーの有無、等々といった有益な情報をこと細かに収集しては分析を行い、自分の経験的な記憶と照らし合わせながら、写真の中の状況や行動、その人物の背景などを判断しようと、イメージを膨らませるんです。

自分のカー ディスプレイへも、コックピットやクルマの周辺へフィギュアを表情豊かにポーズを付けて配置してやると、自分のちっぽけな脳でも想像力が働いて、ディスプレイの中に「時間」や「状況」が生まれてきます。フィギュアが持っている情報が、たとえば目つきや口元など顔の表情や、また携行品やアクセサリーといった小物の有無、ヘルメットを着用してればフルフェイスなのかジェットなのかとか、そういったディテールがまた多くなる程、脳はその情報を読み取ってさらに豊かにイメージを膨らませるので、フィギュアを中心としたシーンがよりいっそう明確なものに広がったりもします。
自分のラ フェラーリへ『ちょっとストーリーを添えてみよう』って、そんなお遊びの提案なんですが、いつものパーツへのディテールアップだけじゃなく、フィギュアを使ったこういうカスタマイズなんかも面白くはありませんか?


というわけで、エンジンのディテールアップボディの艶出しクリアコートカーボンの表現に続いてGG.taka流カスタマイズ、第4弾は「コックピット」してます。<お人形篇>の後半は、もしドライバー フィギュアを入れてみたくなっちゃった時は、如何やってやるの?についてのご紹介です。1/8 ラ フェラーリのコックピットへ収まるフィギュアをどっかからか探してきまして、これにちょっとカスタマイズしてみようと思ってます。
ラ フェラーリ ドライバーフィギュア、求人(形)募集中。それでは、中野の『まんだらけ』にでも、”スカウト”に行ってみますか?



こちらは”採用試験”に既に合格した、GT-Rのドライバー。
cockpit 02

別途に1/8ヘルメットも購入。各部が可動出来たりもするので...、
cockpit 01

たとえば、こんな感じでストーリを添わせてみるのも、いいと思いまして。
story 04


本当はコンソールを触ってたりとか、車外のメカと会話しているシーンとかで、ポージングをします。ところで、NISSAN GT-Rって超特大サイズのスーパーカーじゃないですか? なので、フィギュアも無改造のまんまに、コックピットに収まるんです、が!

ラ フェラーリ...、めちゃくちゃ車高低いです!! フィギュアなんぞが、これに入るのか?
(おまけにバケットシートなんで猫背にもしないといけないし)

cockpit 05
小さなラ・フェ。ほら、フィオラノが、でっかく見える!(汗)







週刊 ラ フェラーリをつくる コックピット編 ドライバー探しのお話し
To be continued...いたします。


woman driver b-2







*次回のカスタマイズは!...これっ。

cockpit 07
これっ...て、クリアランス(ヘッドクリアランス)が、絶対、足りん!!
関連記事

週刊 ラ フェラーリをつくる:フロントスポイラー。2通りの塗装方法で、あなたのラ フェラーリが(当社比)カッコよく変身?! <後編>

実は... 自分タミヤがとっても好きなんです♪



自分、タミヤって聞くとなんだか安心出来るんです...。ブランド効果なのかもしれませんが、自分の持ってる工具とか材料とかって、結構タミヤ製品多いです。

でもね...ちょっと気になっているところがありまして。

****************************************

 
ラ フェラーリのカーボン製フロントスポイラー クリアコート加工、前回ご紹介いたしました通り、クレオス (水性 GSIクレオス トップコート) のクリアスプレーを用いて、お手軽簡単カスタマイズ。いかがでしょう、このツヤ!この結果!

entry_img_12.jpg


con 3


クレオス! なかなかやるじゃねぇか。

でしょ! でもね...ちょっと気になっているところがありまして。



いつものように、なんだか煮え切らないウチのブログですが、というのも...。下の写真はみなさん既にお馴染み、ジャパンワックスによる先日磨き出しをいたしました1/8 ラ フェラーリのボディパーツ。
*
ジャパンワックスって何?? という方はこちら(↓)をご覧ください
『~あなたのラ フェラーリに、キレイのしゅうふくを -その3- ~』

B E 6

ジャパンワックスで磨き出したボディにはしっとりとしたうるおいもありますが、ダイキャストの塗装面を直接研磨して、磨き出しているため、同時に硬質感のある光沢を有しているんです。でもこの感じ、クレオスのツヤとマッチしないような。

クレオスは、パーツ表面の塗料コーティングによる光沢。さらには、デカールにもやさしいマイルドな水性塗料の性質が誘因するからなのか、仕上がり具合が独特な ”濡れた水面”のような感じになるんです。こんな感じで(↓)。

FS07.jpg
*
拡大いただけると、より分かりやすいかと思います


これはこれで、悪いってものでもないんですが。で、ちょっとご覧いただきたいのが、奥にある次回カスタマイズ紹介予定のカーボン エアチャンバー。これ なに気にカチっとした”硬質”な光沢感になってるの、おわかりいただけますか? お察しのとおり、これ、タミヤカラーのクリヤ塗装による磨き出しを施してます。前回の、あのフロントスポイラーのゴワゴワした姿から一変してこの状態。それも、まだ途中の”中吹き段階”で、実験的にコンパウンドを掛けてみた、つまりは中途半端な仕上がりの状態です。実は次回のカスタマイズの中でご説明いたしますが、このラ フェラーリのカーボン製エアチャンバーへはどうしても「硬質で歪み感のない」カーボン クリアコートが自分的には必要でして。
(GGさん? さりげなくネタの前フリしてませんか?)

途中の状態であってもここまで行けるのであれば、自分はカーボン光沢には多少加工は面倒かもしれませんけれど、タミヤカラースプレー+タミヤコンパウンド磨きに賭けてみたいんですよ。なんたって”世界のTAMIYAブランド”ですから。
自分、タミヤって聞くとなんだか安心出来るんです...。ブランド効果なのかもしれませんが、自分の持ってる工具とか材料とかって、結構タミヤ製品多いです。

でもね...ちょっと気になっているところがありまして。


どうなんでしょう? なんかこのごろタミヤさんって、どこか違うところへ向かってるような気がすることがありまして。個人的な感想ですけど。
最近のバンダイさんやハセガワさん、アオシマさんなんかが、新・商品展開や、新・テクノロジーを登場させて、自分も結構ワクワクさせられているクチなんですけど...、一方で家宝のプラモデルのリニューアルを推し進められてる商品展開が、タミヤさんが今後もタミヤブランドを保持していくためのイメージ戦略の面において、果たして有効なんだろうか? ちょっと、危惧なんかを感じたりもします...。
最近出たMP4/2、商品企画ステキ過ぎ「自分はファルコン号より、こっちが買いたいぞー」って、アオシマさんへじゃなく、1/20スケールのルーツ タミヤさんへこそ それを言ってみたかった気がします。それこそ相当な数の、タミヤF1プラモ作らさせていただきましたから、疾うの昔のことですけれど。1/8 オンリー公称になっちゃった今の自分に、とやかく言えるような義理ではないんですが...、今回はふとそんなことえを考えつつ、フロントスポイラーをカスタマイズしてました。
TAMIYA.jpg
先日ニッパー新調したんです。よく出来てますよコレ、世界のTAMIYAの逸品。

実は... 自分タミヤがとっても好きなんです。

♪♪







週刊 ラ フェラーリをつくる フロントスポイラー クリアコートのお話し
これにて、The endとさせていただきます。


*次回のカスタマイズは...、カスタマイズじゃなくって
 これで、ちょっと遊んでみます!

PB194385.jpg
結構、自分的には大切なお遊びだったりします!!
関連記事

週刊 ラ フェラーリをつくる:フロントスポイラー。2通りの塗装方法で、あなたのラ フェラーリが(当社比)カッコよく変身?! <中編>

実は... 私、写真も、言い訳も、ヘタでして (汗)




*記事中の画像をそれぞれクリックして拡大いただきますと、より分かりやすいかと思います。

前編>でもお話ししたとおり、今回は「タミヤカラー クリヤー」と「クレオス トップコート」の2つのクリア塗料で、1/8 ラ フェラーリのフロントスポイラーへクリアコートを試します。

FS01 g
GSIクレオス トップコート(奥) と、タミヤカラー クリヤー(手前)

で、それぞれをパーツへスプレーしてみた結果が上の画像。

奥がクレオス、手前がタミヤ。どちらもフロントスポイラーへ3度ほど吹き重ねて表面にクリア層を形成させてます、というか、3回くらい吹き重ねないと上手く表面に塗装膜が形成されなかったんですね。なんだか、塗料がデカールに吸収されてるみたい?そんな感じだったんですが。これが後々2種類のクリア塗料に違う結果をもたらす要因になっていたんです。このときは分かっていませんでしたが...。

FS C1 g-2
 GSIクレオストップコート  タミヤカラー クリヤー
 
クレオスの方はある程度、厚みのあるクリア塗装の面が出来きていて、天井の明かりもソレと分かるくらいの映り込みになってます。ウン、これならひとまず合格。

対して、タミヤですが?
...ムムム、ちょっとこれって。

全然、クリアコートになってない。


それぞれの塗装面を拡大してみると、表面、こんな感じになってました。
おーい。なんだか違いが分からない写真だよなぁ、コレ?
先輩、ムリ言わないでくださいよ。これでも安カメラで何とかやってんすから...。

<クレオス>
FS02 g

<タミヤ>
FS03 g


クレオスはそれなりにデカールの表面にクリア塗料が載ってますが
タミヤの方は、見ると表面がゴワゴワしてます。ダメージ?
いやコレって、デカールのダメージとはちょっと違うような。

ダメージならば、デカールはシワシワになって使いものにならなくなるんですが、今回のはゴワゴワしているだけ、デカールそのものは変質してません。やっぱり、塗料がデカールに吸収されている、というか染込んでるんだと思います。

(ネットでも調べ切れなかったので、) 超勝手に推測してみたんですが...。カーボン柄のデカールって、銀色のデカール紙の上に黒やスモーク色にてカーボン柄を印刷してあるんだと思うんです。銀色というのはいわば金属物質の粒子 - 粒(つぶ)で、分かり易く言えば、デカール紙の上へ銀の微小な粒をまぶしてあるようなもの。粒子と粒子の間は、だから隙間だらけの状態なので、塗料を吹いても、レンガへ水をかけた時のように、この隙間の中に塗料が染みていくだけで、かんたんには表面に塗装膜が形成されにくいのだと思います。

で、次にクレオスとタミヤでの、結果の違いですが。タミヤ塗料は染込み易く、クレオスの塗料はそれよりも染込みにくいために表面の塗膜もつくり易いんだと思います。この差は、溶剤の性質の違い(クレオス=水性、タミヤ=油性)によるものなんですが、理由が分子結合的にとか粘度的にとか、詳しいことはよく解りません。もしかすると、ぜ~んぜん関係なかったりして。ここまで、その筋の人が詠んだら大汗かいて赤面しそうなことをもっともらしく熟つらと書いちゃってたり?? ワァ、それって、すっごく恥ずかしいですけど...!
ただ、経験論的に、以前 1/8 MP4-23(デアゴスティーニ 「週刊 マクラーレンMP4-23」)を製作したときにも、タミヤクリアは一発でシルバー塗装をねずみ色に変えちゃいましたが、クレオスはオリジナルのデアゴスティーニのシルバー色を保ったまま、一切塗装を変質・変色させることなく、ものの見事にボディへクリアコート出来ましたので、各々の溶剤の性質には相当な差があることはとりあえずは理解してたんですが。

**********************************

まぁ、原因なんかともかくとして、アシェットのデカールには影響ないなら、タミヤスプレーでも光沢は出せます。いわゆる『厚吹きして磨き出し』を行えばいいわけで、結果的にはクレオスコーティング以上のツヤにも、もっていけます。ただ難点があって、とてつもなく面倒なうえ、完成するまで時間も結構かかります。たぶん仕上げるのに半月くらいは要します。クレオスなら即日完成なんですけど。
(下の方へ、磨き出し手順を記載しますので、ご興味のある方はどうぞ...。)


ダメだよなぁ、半月も掛るんじゃ。ってことなので、面倒なことをしない、体たらくが一番よ、がポリシーの当ブログ的には、水性のGSIクレオス トップコート バージョンがオススメと言うことになるんでしょうか?

FS06 B

どうですクレオス、悪くないでしょ? 前回の冒頭の完成写真、あれも実はクレオスなんです。ということで、今回はクレオスでめでたく完結!



...ただ、気になってることがありまして。


FS11.jpg

GGよっ、結構上手くいってんじゃねェか、今回のクレオス(↑)。 気になる?って、またいらん拘りでもしてんのかい。
ええ、まあ。実はこの後でエアチャンバーをカスタマイズをする予定なんですけど、それにも大いに関係してることなんで。
同じようにカーボンで出来てる、あのエアチャンバーかい? そりゃ結構大切かもしれねェな。<後編>も、ちょっと見たい気がしてきたぜ。


<アシェット ラ フェラーリ、カーボンデカールパーツの『磨き出し』手順>
前述のようにデカール自体への影響なかったので、タミヤスプレーを施すことは可能ですね。写真にあったフロントスポイラーは現在3回程スプレーを重ね吹きしてますから、デカールの表面もある程度は塗料の染み込みも終了してて硬さが出てます。で、ここから更に重ね吹きを行うんです、「先ずは」あと、2~3回くらい。
クリアの塗装面は今よりも厚くなります。で、乾燥に1週間程掛けてパーツを寝かせ、塗料が固まってから、2000番のペーパーでもって、表面を軽~く馴らして(研磨して)ゴワゴワを取るいわゆる「中研ぎ」をします。で、その後、更に、またクリアを2~3回重ね吹き。吹いた後はやはり多少ゴワゴワは出てますが、これをまた1週間、あるいは10日間くらい寝かせて完璧に塗料を乾燥させます。
そして、2000番のペーパーで、表面を研磨。この厚さならば、表面のゴワゴワも取り除けるはずです(厚みが足りない場合は、さらなる重ね吹きを実施のこと)。
最後はタミヤの粗・細・仕上げ目を用いたコンパウンド研磨をして仕上げます。
注意点は、ペーパー掛けで、絶対にデカールまで削らないこと。ラ フェラーリのデカールは削っちゃうと、元紙の白色が見えちゃうのでみっともないですよ(何で知ってるの? え~と、誰かどっかでそんなこと言ってなかったっけ~)。なので、危険なエッジもペーパー掛けしません。あくまでも、表面の”ゴワゴワ”を取るだけですから。ちょうどバンパーのブーメラン状のウイングの下が完成時に隠れますのでここでペーパー掛けの要領をつかんでみては? それと夕方以降の時間にはクリアー塗装はしないことです。特にタミヤカラーは”カブリ”になる傾向が強いので要注意、ですね。



週刊 ラ フェラーリをつくる カーボンフロントスポイラーのお話し
To be continued...いたします。




<今回使用したものは>


タミヤ タミヤカラー スプレーカラー T...

タミヤ タミヤカラー スプレーカラー T...
価格:462円(税込、送料別)



関連記事

週刊 ラ フェラーリをつくる:フロントスポイラー。2通りの塗装方法で、あなたのラ フェラーリが(当社比)カッコよく変身?!<前編>

実は... 今どきのカーボンパーツがとっても好きでして♪


じゃ~ん。
con 3
今回のカスタマイズは”コレ”なんです。

◆ん?前に見た写真だろソレ。「ジャパン~?」とかって言ったっけ。
そうそう。でも今回は下の方。ココ注目です。
◆下の方?「~~ワックス」だっけ?
下の名前じゃなくって写真です、写真(↑)。
 答え言っちゃいますけど、『フロントスポイラー』ですよ。
◆ああ、フロントスポイラー。光ってるから、ぜんぜん分かんなかったよ。
 ところでカスタマイズって何処よ?

...あのう、『光ってる』。それ、今回のカスタマイズなんですが。

ということで...、
いきなりの完成写真からはじまりましたが。(写真の使いまわしじゃねぇ、GG?)
今回のカスタマイズは、わりかし上手くいったと思うんですが、どうでしょう?


私”オヤジ”なもんで、ついつい昔の話も出ますが、F40のボティーカウルなんて、表面、カーボンの繊維目が出ちゃってデコボコのままだったんですよ。それでも「この凹凸がイイんだ」なんてあの頃はよく言ってたもんです。それが今では、カーボン繊維が剥き出しのボディーといっても、表面は”カチンカチン”のクリアーコートでため息が出るくらい綺麗でそして滑らかな仕上がり。ああ...美しい。クリアコートで包まれたカーボン製のパーツを手にすることが出来るなら、シャフトがカーボンのゴルフクラブの1本でも欲しいくらいです、ゴルフしませんが自分。

パガーニのゾンダなんぞは、このクリアコート自体に色がつけてあるんですよ、ブルーとかアンバー(琥珀)とか。実際、ゴールド+クリアアンバーの2トーン仕様の組み合わせなんかを見ると、これがメチャクチャなほど、お洒落でかっこいい!
ああ、カーボン。ああ、クリアコート(ため息)。欲しいなぁ、1台(?!)。

(どんぴしゃな写真、探せませんでしたが...)
pagani.jpg


で、ラ フェラーリの話、
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ラ フェラーリのフロントスポイラーには2種類の仕上げがあって、マットブラック塗装仕様のものと、上で話したツヤツヤのカーボンクリアコート仕様とがあります。アシェットのはこのカーボン ~ですが、残念ながら、クリアコートまでにはなってません。もっともパートワーク雑誌にそこまで求めるのは酷。アシェットの綺麗なデカール処理だけでも満足です。
(だって、こんなに上手く貼れないし、自分。)

FS08.jpg
左が件のピカツルなクリアコート仕様。フロア部の反射に注目。ああ、コレがやりたい。

なのでアシェット社、というか、Centuria社というか、Grani & Partners社のスタッフさんには本当に感謝してます。今度街で見掛けたらピザなり、餃子なり、奢らせていただきます。
で、足りない部分は自分達で補わせていただきますということで、ここへクリアコートを施します。上手くすれば、憧れの今どきカーボンが手に入る? これで、自動車も自転車もゴルフクラブも釣竿も買わなくって済みそう。パガーニだってもういらん。用いるのは、タミヤカラー クリヤーとGSIクレオス トップコートの2つのクリアカラースプレー。

次回は早速、この2つのクリアカラー塗装にて、それぞれ 1/8 ラ フェラーリのつやつやのカーボンフロントスポイラーを仕上げてみたいと思います。

FS C1 g-2
 ◆GSIクレオス トップコート  ◆タミヤカラー クリヤー


果たして、ため息の出るようなカーボンフロントスポイラーは完成するのでしょうか?って、冒頭に完成写真あるじゃん。



週刊 ラ フェラーリをつくる カーボンフロントスポイラーのお話し
To be continued...いたします。

※次回のカスタマイズは!...これっ
「これ」っていうより、まんま続きだろ、GG!
FS01 g


関連記事

週刊 ラ フェラーリをつくる:<番外編> 世界の1/8 を覗いてみよう

で、夜な夜な調べておりました。


次のカスタマイズはフロントのカーボンスポイラー。2通りの塗装方法で、あなたのラ フェラーリが(当社比)カッコよく変身?! の予定なんですが。近ごろのお天気は雨もよう。...準備が整うまで、ちょっとブレイクを。


今日は当ブログの調査員が調べた、各国の1/8 パートワーク クルマものをご紹介したいと思います。(いい歳のオヤジが、趣味でネット漁ってただけですけど)

★ついでにネットで調べた事をご紹介しちゃいますと、1年先を行く、本家イタリアの1/8 ラ フェラーリのパーツ配布状況はというと、今週号のシート配布を皮切りとして、これからは「コックピットの製作」に突入!してます。間に・・ホイール・タイヤ・・・ホイール・タイヤ・・と、相も変わらず、4回(4週)もジラされてましたけれど。日本での今後のパーツ配布展開、如何なものでしょうか? 乞うご期待。

ふうん、これからはコックピットの製作ですか? ならばGG.takaお決まりのコックピットへの「アレ!」も、ラ フェラーリでやりましょう。
...なので、今後の1/8 ラ フェラーリ カスタマイズもついでに乞うご期待を。



では、さっそく今日の本題、行きまーす。

先ずはフランス車からご紹介。

5 turbo。このスケールで大胆なスポンサーカラーの塗り分けって、結構カッコいいんじゃありませんか、色調が地味ですけど。これ、ワークスですか?

フレンチブルーはいつだって心躍りますよね。青色も仏車も持ってなくって、自分が残念。黄色のシフトノブにスポーツ心もそそられます。

DS21 バラス。これギミックで当時画期的だったシロトエンの油圧サスを模して、車高上下出来ます。(動作はヨタヨタ、ぎこちなかったです)

つ~ッ渋い(=2CV)。こういうのを超絶ディテールアップさせると本当に渋いモデルが出来上がります。ぜひやってみたい、自分にはムリだけど。



続けて、伊、独、米、それに露!

サンクもこれもデスクトップにちょうどいい大きさ。こちらには赤のサイドストライプとルーフのチェッカー。ぜったいに栄えるよ1/8 なら、って。

スパイダー デュエット。ね、かっこいいでしょ? ピニンファリーナ(のデザイン)です。第3の素材、幌に使用した布地の存在感が活きてきます。

パト アルファ。不穏な雰囲気のおまわりさんと、やけにニタニタしながらモデルを眺めるイタリア人オジサンの対比が妙。演出的に何か意図でも?

こちらも幌。そういえば、自分も幌が欲しくって、500K(ポケール)買ってたんでしたっけ。幌の色を、変えてみようと思ってます。

この300SLは、外見(そとみ)重視の見てくれ自動車モケイにはない、車体フレームが再現!通も納得。 完成したら見えない? いいじゃないですか、それでも。

アメ車登場!濃紺のボディへ白を入れる”ひっくり返り”アメリカンストライプ仕様でいかにもなこの1/8 モデル、シャシフロアーはなんとオレンジ色!! Why?

ソ連ゴーリキ自動車のМ20 "Победа"。車名をなんて読むのかさえ知らないですが、大好きです。日曜午後のモデル製作はジャム入り紅茶と共にどうぞ。



そして、日本ではめずらしい「お仕事用車両」のパートワークシリーズ。

働くクルマ(?)、なんてのも 1/8であるんですね。

メカニカルにオレンジ色してていいじゃないですか、コレ。よく出来てると思います。1台くらいこういうのがあってもいいな。ホシイデス。

...でも2台はいらないです、こっちはちょっとって感じ。で、感想も伊アシェットのオジサン役者さん、四度目の登場、他に誰かいないの? って程度。

お仕事がちょっと特殊かも? 2012年にアシェット日本もN県で試験販売 ⇒ 第6号にして廃刊されたそう。がしかし、残念賞として販売された完成品が、昨今20万円オーバーでヤフオクを賑わしてるとかで...今も存分に働らくクルマしてます。



そして、現在のイチオシ。これなら日本でも出るような気がするのですが...。


今までのガチガチのディスプレーモデルとは違う、華やかなLED処理がまこと異色な存在。車体後半の無骨な重ったるさが1/8 のスケールにマッチしてます。
配線コードが太いとか何とかって、そっちの方々には気になるんでしょうが、劇中車は気楽にって、自分わり切って楽しみたいと思ってます(ので、イーグルモス様、何卒よろしくお願いいたします)。



おや、そろそろ、雨も止んで来たようです。モケイ作りにもどるとしますか。
それでは、また。

関連記事