TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年07月
ARCHIVE ≫ 2016年07月

ラフェラーリのオープンバージョンだとさ! 週刊 ラ フェラーリをつくる:番外編...?

やっぱり出ました、スパイダーのラ フェラーリ...なんですが


...これってちょっと

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、ラ フェラーリにオープンモデルが追加されることになりました。どこぞのチューニングショップの作品じゃなくって、正真正銘、Ferrari S.p.A.公式の純正です。その名も...

...その名前、まだないんです(汗)。というか、正式発表はパリサロンで行うことになってるそうで、車名のほか、詳細な仕様や生産台数についてもこの時にアナウンスされることになってます。なんて公表してますが、既に予約完売だそうで、10月のモーターショーでわざわざ生産台数発表する意味わかんね~、な計画です。

ferrari-laferrari-open-top_02.jpg

今回の公開写真は「黒」ですか? んんん...微妙。

見た感じ、単に屋根をただ切っただけの様にも見えますが、とりあえず、GG的に重箱の隅っこをチェックしましたので、お手元の1/8 ラ フェラーリの改造の参考にどうぞ...、っていないと思いますが、そんな方。もちろん、自分も...多分。

先ずは気になる、リアの造形から...

ferrari-laferrari-open-top_14.jpg

この話しを最初に知ったときは、リアがトンネルバックっぽくなってるのかナ?なんて想像したんですが、ところがギチョンチョン! ...さにあらず。なんか、そのまんまなんですけど。

ただ、よーく見るとリアウインドサイドのエア抜きのネット形状が違ってるようですな。だから???って感じですけど。
<追記>拡大してもっとよーく見たらネットの形状、同じでした(汗)。

で、公開写真のパッと見だと、シート形状なんかがちょっとは違いますけど、これくらいだったら(1/8 アシェットのラ フェラーリの)屋根切っちゃえば、マジで造れちゃうんじゃないかと思いましたが、そんな気で観察してみると...

ferrari-laferrari-open-top_01.jpg

微妙に、ルーフ後ろのラインが違ってるような...。わからん。

拡大してみますと...

ferrari-laferrari-open-top_04.jpg

...やっぱり、よくわからん(汗)

ferrari-laferrari-open-top_XX.jpg

↑はベルリネッタ(って言い方になるんでしょうか、こっちは)ですが、こんな感じでもっと直線的なラインに思えます。それとサイドインテークのアミアミも前へ移動している様にもみえますが、錯覚?? ちょうど、次号のアシェットでここの製作ありますので、比べてみてください。比べてみて別に何って訳でもないですけど。

よく分かりませんが、今回のオープンモデル、デザイン構成にどれくらいの時間を掛けたんでしょう? 最々近々のフェラーリって、ただでさえ少量生産のところを、さらに限定少数の派生モデル出しちゃって、商品のプレステージ性を高める戦略をしてるような感じ...で、まるで、小さい事でも何だかんだネタにして更新数を稼いでいるどこかのブログみたいでGG的には共感を覚えます。(そんなことに共感してないで、さっさと更新まじめにしろ、GG!) ところで、プレステージとか、
ロジスティックスだとかちょって古いけどアイデンティティーだとかさ、最近の英語直輸入のカタカナ日本語ってGGは嫌いです、ちゅうか、ジジイなんでこの風潮に追いつけなくって困ってます。そもそも、プレステージって、なんスか??
きちんと意味理解出来てる人、この国にどれくらいいるんでしょう(業界人含む)。
めざせ!プレステージ系 1/8 ブログ、GG.taka。

そういう事で、これでコンセンサスよく得られたなって思えるドラスティックさに欠けたすご~くイルーシブなアピアランスの(書いてる自分でも言ってる意味が、わかんね~よなカタカナ日本語、反対!)このラ フェラーリ 屋根なしスペチアーレ(パリサロまで仮称)なのですが、それでもサイドミラーの取り付けとか屋根がないこと以外に、見た目にハッキリと分かる違いもちゃんとあるんです。改造派の皆様、お待たせしました!ジャ~ン、それがこちら(↓)です。

ferrari-laferrari-open-top_07.jpg

えっ?何処?? ...やっぱりそう思いますよね。

拡大写真(汗)

ferrari-laferrari-open-top_07 2

...ああ、もうこんなんじゃ答え書く気もなくなっちゃいます(笑)。

とりあえず、455 ⇒ 488 GTB は無くても、 488 GTB ⇒488 spider くらいの違いはあるのかなんて思ってましたけど、公表された写真見た限り、ベルリネッタとの違いってココくらいしか見当たらないんですけど(汗)。ミラーの取り付け変更については、どちらかといえばデザイン上ではなくて、実用性の意味合いの方が強い気がしますし。今回のラ フェラーリ、黒地に赤のラインが映えて(と、感じる人もいると思いますが)ますが、ライン取っちゃったら、なんでもないようで、なんかすごくチョットな感じのクルマではあります...。
そういえば、屋根も単なる取り外し式だそうです。同じフタとるだけだったらアヴェンタドールちゃんとリアデッキをスパイダー専用にデザイン変えてますけど。単純明快な脱着式の取り外し方法、488 spiderみないな文字通りの”ひねり”もありません。ものすご~く高いおクルマなんでしょ、コレ。それにしては、安っぽいモディファイ、これじゃなんかディノや914(ポルシェ)の時代みたいでノスタルジックです。まさかわざわざ、ソレを狙って...ってことはないよね。ところで、外した屋根って、車内の何処かへしまえるんでしょうか?
458/488は分割・回転式電動ルーフ収容方式=フェラーリ特許


***********************



が、そんなこと書きつつも「これが最新のフェラーリです」なんて見せつけられると、仮にその出来がどうであれ、やっぱり前のモデルが古く感じてしまう。ブランド イズ ブラインド、ですね。いやらしいよね、フェラーリさんてば、ホント。
まじめな話し、ちょっとの改造でこのニューモデル、出来ちゃいそうな気も(簡単に出来るなんて甘い考えはありませんよ、あしからず...)して来ましたし、10月にもなれば、詳細な画像も出回ることでしょうから、1/8 アシェット、今のうちにオープン改造に必要な”部位”の号だけでも重複買いでもしておきましょうか?
...老後の楽しみの為に。

今日の結論。
やっぱり、ちーとも違いが見られましぇん。(屋根付き状態のスパイダーなら簡単に造れます-赤ラインもついでに取っちゃえ)
ferrari-laferrari-open-top_ZZ.jpg

ferrari-laferrari-open-top_YY 2


では、では。

関連記事