TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年08月

週刊 ラ フェラーリをつくる:ボディー塗装編  かくしてGGフェラーリの色はこうなりました。

pnt ak 001-3
***************LaFerrari 1/8; body painting "the 1st color" vol. 2

色彩考が導いたのGGフェラーリの色なんです...!? (汗)




V8元祖の308の黄色はGGにとって溜息の出るような存在でした。
...とか、
お前らのベビーカーとオレのフェラーリ(←モケイ)を一緒にするな!
...とか、

そんなGG憧れの『Giallo Modena』でアシェット 1/8 ラ フェラーリを制作する計画は実はもう随分前からあたためてあって、てか、既に3号目で大ハズレの出来のフロントボンネット(汗)を引き当てて、その瞬間これで塗り直しだなと。それで
ブログのタイトル画も一時はイエローのラ フェラーリを載せてたんですけれど
発表までに時間も経っちゃって、今はまた別の絵にしちゃいました(笑)。そういうことで、先ず手始めにボンネットとパテ盛りをエッジに施したRフェンダーを先行テストとして、本番と同等処理にて塗装と磨き出しまで行ったところなんですが。もうここで疑念が出てきたんですね、それもはじめの一歩的な疑念が...。

疑念: これホントに ...『Giallo Modena』なの?(爆)
pn2 03
塗装してみたその黄色は、モデナ(伊)というよりも日本交通のタクシー(東京都)にも見えるのでした...。

▷▷ 如何にも前回の続きですよ的な続け方で続けておりますが、ご了承を ▷▷


GGフェラーリの 対Amalgam最終兵器(...だったつもりの)『Giallo Modena』塗装。実車の色を再現しましたってよりか、実際に実車の石跳ねの補修に使ってる塗料の方が色としてのリアリティは上じゃねーの? そこへ光沢もバッチリ決めて
...ヨシ!これでもらった、オレは Amalgam に勝つ、とそんな魂胆でした(汗)。なんでそれがタクシー屋さんになっちゃうんでしょうか? 間違えなく使っている色は憧れの『Giallo Modena』―日本製ですハイ―ですが、 塗装なり磨きなりをいろいろ試しても、らしくならないんです。トヨタも日産もいっしょに見えるであろう、黒なんかならともかく、この色は由緒正しいモデナの『Giallo Modena』
GG憧れの色。そもそも黄色は微妙なニュアンスの違いで別の色になっちゃうから
どうしてもコレジャナイ感が拭えないんです。

黄色の高いフィルタリング効果が、映り込み乏しい室内光の下で大暴れ!ガォー!!
pn2 21 B
大暴れ!その結果は!? 地味~な(汗)タクシー色の黄色いボディだったりします。

原因は「フィルタリング効果」と「映り込みのトリック」の2つに在り!!と、考えておりますが、そもそもがGGの自論なんで、本当ば全然違ってたり(爆)。前回の冒頭文、あれも、最近のフェラーリはイエローが似合わないなんて...いや、あれはマジですよ、もっとカッコいいが色が今では他にもあるってそう思ってますけど。

フィルタリング効果は前に話したとおり。ボディ表面の映り込みがなんにも見えなくなってしまうんですが、でもそれだけだと黄色の変色理由にはならないんです。ボディのツヤの出しが甘いから? でもね、この 1/8 フェラーリに施してある磨き出しは『超オタク級』なんですよ(自分で言ってて恥ずかしいデス)。

pnt l 94
無理な角度で見ればツヤも出ていることが分かりますが、これじゃ腰が。あぁっ。

まだ試験塗装の段階なんで、問題の解決は得意の磨き出しに見出そうと、やるだけやったれ(笑)って、超が付くほど、いろいろと磨きまくってあるんですよ...但し、磨き込むほど症状が悪化するとも知らずに。とは言え映り込みが苦手系のボディ
カラーならブラーゴのホワイトの時のように映り込みの少なさを流麗な陰影が補ってくれてるハズなんです。そうなってくれないわが家の『Giallo Modena』”タクシーちっく” な緑へ濁った黄色になってしまうのでした (多少、誇大表現あり)。

会社の創立の頃の上質な塗料や塗装技術の確立がまだ十分ではなかった当時の色をそのまま引き継いでいる(とGGは考える) ”タクシーちっく”なタクシーのカラー。これに限らず日本の古参交通会社のバスや電車とかのカラーってそんな二世代くらい前の塗装技術の色をしてますでしょ? 欧米的色彩感覚がまだ一般化する前の日本人の色意識に「和」のあった時代の色、と言ってあげてもいいのですが、でもあのタクシーの色、どうみたって下地の白が足りない黄色そのまんまだろって。黄色は汚くなり易い色なんです。汚れが目立つ、ではなく、汚れて見える、の方で、例えば下地塗装の白が不十分だと黄色は、赤のように暗くならずに緑の方へくすんで行きますし (件のタクシーはそんな色)、汚し塗装はヘタに施せば期待とは違い、上手く陰影が付かずに緑がかって発色の悪い色になるだけで思うようにカッコよくはならない。わが家の昭和カラーのフェラーリは、これでもかってくらいなオタク級の磨き(汗)が施されたものだから、強く天井や壁の暗い色がボディに映り込んでいて、そんな黄色の汚れ事情の中、『Giallo Modena』本来の色を緑に濁らせてたワケです。黄色のフィルタリング効果のせいでなにも見えなかったから、”色の正体”がまさかの天井の映り込みだっただなんて、思いもよりませんでしたが。

この写真、ボディに一番近いクッキングタイマーは分かりますが、そこから先、写真右半分はもう同化が始まりすぐ横に位置しているハズのカメラに気付けません。
pn2 40
黄色のフィルタリング実験。こんなことしててモケイ制作は一向に進みません(笑)

と言うことで、わが家の『Giallo Modena』ラ フェラーリは...
pnt l 37
ちっともそう見えない色調(汗)と、照明器具以外は映らないボディ光沢(汗々)との
それらが自慢の逸品なのです(爆)。

******************♪♪♪♪


『Giallo Modena』...もしこれが他の色だったら、そこまでこだわる必要もなかったんです。でもこの色はGGの憧れ。伝えにくい色なのか あるいは絵にならないから(陰影がむずかしい)なのか、ネットで見かける多くは赤味がかったイエローフェラーリ。実際の『Giallo Modena』は少し白が入ってて、街中で見る本物のそれは、奇麗であって存在感があってそれでいてそれでいて、つまり、写真と実際とにギャップのある色なんです。だからそのギャップを他人の主観で以って ”再現された色”なんかじゃなく、”実際の色” を使ってイエローフェラーリを仕上げる。アシェットの 1/8 ラ フェラーリは、ただモケイを組立てるだけではなくて、GGがそんな憧れの『Giallo Modena』を手に入れるチャンスでもあったんです。要は、実車もレプリカも買えないGGの貧乏企画ですけど、アハハハ、はぁ~~(汗)
(1/24等の小スケールでは実色を使用すると色味が異なってしまう場合があります。)

で結果は、憧れの色をGGは結局自分のモノには出来なかった、ってところです。正しく言えば、GGの家では。もっと正しく言うなら、狭い部屋で天井は低く照明はさほど明るくもなく、いくらボディを照らそうともボディに映り込んだ周囲の暗い天井や壁の色がボディ本来の塗装色を変えてしまうそんな環境の貧相なGG家では、ってことなんですが、そんなこと恥ずかしいから書かせないで!!
なので今回の Amalgam との色対決、結果は保留。実はAmalgam の黄色いフェラーリって見たことないんです(汗)。やはりそれ相応の部屋でないとダメな色なんでしょうか。ならイーブンでしょ?部屋のせいってのがやっぱり悲しいけれど...。

GG、別の悲しいこともしてました。もしかしたら知らないうちに捨てたのかも。
pn2 42
アナタの跳馬、ちゃんと在りますか? 実は↑は代用品です。話は次回で(悲し)。

...と言うことなので次回予告を。GGは1/8 (のダイキャスト)では、塗装をするのに自動車用塗料を使ってます。それは何よりも楽だからなんですが(笑)、ただし今回の塗料、Giallo Modenaに限ってはいつもと勝手が違ってて
*塗装面が硬くて磨き出しにくい...
*磨き出しを均等にしないとすぐ色ムラが出る...
*塗り分けが思った以上に綺麗に仕上げないと目立つ...
*いつもは不要の下地の白が必要...
*そもそも近所のショップには置いてない特注カラーは倍額定価(汗)...
なもんで、コストも労力も3~4倍いつもよりも冗談抜きに掛かってます。なのでこれを折角だからネタにしましょう。ホントは何気に綺麗なボンネット塗り分けとか、つなぎ目を処理したラジエーターアウトレットとかを見て欲しいんですけど。

ちょっとここで、ブログを個人使用(汗):
ottoさん、再塗装するのにGGは前の塗料は剥がしたりしないんですよ。剥がせば表面が雑なダイキャストを下地からわざわざ作り直しとなりますし、塗料剥し剤は下手なものを選ぶと塗料が剥がせない!!!! なので最悪です。(地球に優しいのとかはダメ。塗料剥しってそんなに優しくないです...とこの辺りも次回のお話で。)


******************♪♪♪♪



憧れの『Giallo Modena』で塗装されたGGのラ フェラーリは...
pnt ak 001-8
雰囲気こそ変わりましたが ...これじゃぁ、赤の方がよかったんじゃねぇ(爆)

結局は色彩考の話や今日の話って、失敗の言い訳の為だったんじゃないの、GG?
brf 00 A
いや、いや、言い訳だなんて...。

言い訳じゃなくって
理由の説明だったんです。

どうしてGGは...

    アシェットの 1/8 ラ フェラーリをにしたか...の。



pnt ak 001-2


ぶはははははは~にしちゃいました。


結局、モデナなんとかって色はあきらめて(笑)、余ってる手持ちの不具合パーツへ黒塗装をしてみました。綺麗なんですこの黒。これもまだ実験中ですが、多分これで行っちゃうと思います。ちょっとチリがアレですけど、それにしても不良品の手持ちだけでテストのフロント部塗装出来がちゃうんですよ。R側のフロントフェンダーが黄色なのは唯一このパーツに不具合が出なかったためです、ちょっと残念。
(それは残念じゃなくって、むしろ幸運だと思うが?)

1/8 ブラック◆ラ フェラーリ
pnt ak 001-1
結・構・キ・テ・ル...

実はこの黒、純正NERO PASTELLOじゃなくトヨタ専用って品名なんですけども

では、では。

関連記事

週刊 ラ フェラーリをつくる:ボディー塗装編  かくしてGGフェラーリの色はこうなりました【予告編】

pn2 10 b
***************LaFerrari 1/8; body painting "the 1st color" vol. 1

色彩考から導いたGGフェラーリの色なんです...(汗)



いい加減、あぁ~だこう~だと口ばかりの色の話の方も終わらせないとと思ってまして。今回は、ブログを無理矢理まとめましたって感で、あちこちに話は飛んではおりますが、次回でそれらは上手く着地もいたしますので、何卒ご了承のほどを。で、本日は先ずこの話から。先日の色彩考もそうですけれど、GGの自論なんて、絶対にそうだ!と言えるようなものでは決してありませんが(汗)それでもGGが思うに... 最近のフェラーリは黄色が以前より似合わなくなったんじゃないか、と?

フェラーリって、事実上の本業であるブランド商売で、副業のイメージから赤を商標カラー的な知名度で使えるので、スマホのケースやボールペンなんかと同様に、モケイやミニカーも赤になっちゃう。で、お前らのベビーカーなんかとオレのフェラーリを一緒にするな! とかなんとか...天邪鬼なモデラーは社色のイエローとかに塗ったりもしますが、実車買えないんだしベビーカーと大差はないんですけど(笑)。ただ、そんな(どんな?)フェラーリのイエローですが360モデナあたりからあえて黄色を選ぶことに意義なんてあるんだろうかって、GGはそんな風に思ってしまうんです。今のフェラーリ、黄色の商業的有り難味も薄くなって来たようだし、それに何より黄色が以前より似合わなくなっちゃたんじゃないかって。

で、それと替わるように、あら?カッコイイじゃん的な感じになってきたのが白とか黒だったりして、ちょっと微妙な気持ちではあるんです。GGが子供の頃は、白のBBや308ってのは邪道で妙に安っぽく思えたし、F40の黒(←非純正ですよね?)を見た時に至ってはものすごく如何わしいものを感じて「俺はどんなことがあっても黒のF40なんて買わない!」って買えもしないのに心に固く(笑)誓ったもんなんですけど。ストライプがお好みですか? それではお客様こんな感じで如何でしょう? でもね、テスタロッサくらいの頃までのデザインってそんなモノに頼らなくとも十分フェラーリはカッコ付いてたハズって思ってるんですけど。フェラーリって変わりましたか。どんなカラバリでもお下品にならないようなデザインになってるんじゃないかと。今の御時世なんだし、それも良い事だと思いますよ。
...それでもやっぱり、黄色は似合わないような気がするんですけど(汗)。

V8元祖の308の黄色は、GGにとって溜息の出るような存在だったんですけど。
pnt l 85 b
Giallo Modenaって難しんでしょうか。色がフェラーリを選んでいたのかも⁇

最近の黄色はイカンような。お隣りの色と、どちらかをくれると言われたら...
pnt l 83
どっちでもイイ...?(汗) まぁフェラーリだからと言って色に拘る必要もないか。

Giallo Modenaって難しんでしょうか。『ジャッロ・モデナ(モデナの黄)』は
ご存知のとおり、マラネロのあるモデナの格式ある県色にしてフェラーリのコーポレートカラー。なんて、コイツまたウンチクぅって言われそうですが、それではいざどんな色ですか? と訊かれても、実はちょっと白い黄色程度しか知らなかったりしまして(汗)。半熟目玉焼きのロータスではなくてバナナ? ただ、黄色って思うに、赤味掛かった黄色と青味掛かった黄色とでは、同じ黄色であっても”別”の色だって感じる、この2色だけでメタリック系だったらメタリックレッドとメタリックブルーくらいの差はあるんじゃないの?な、微妙な色のニュアンスの違いでイメージが大きく変わっちゃう色じゃないかと。ミニカーとかだったら赤とか白を買って来て、後から多少の実車との違いを知っちゃっても許しちゃえるんですが、黄色に限っては、コレジャナイ感が消せない。って、もしかしてソレ自分だけ? でも、黒だったら違いがどうのなんてのさえないでしょ...「この黒さぁ、どちらかと言えばトヨタというより日産っぽくない?」なんて言い出す人います?

*********************♪


さてさて、予告どおり話は飛んで、何故か色は青(汗)。このクルマの色はミネラルブルーと申します。で、その体によさそうな色『ミネラルブルー』ですが、では、その塗装色は下の写真でどこに見える色になりますでしょうか?
pnt l 96 c
答はGGも知りません。明るい部分もボディ色みたいだし、暗い部分もそう見えるんで...、多分、明と暗の中間辺りの明るさのところがそうじゃないの?なんて答えるでしょうね。ちょっとぐらい違ってもGG的にはどうでも別にいい色だし。

これ、”映り込みが塗装色をあいまいにする”の説明の続きでして。しつこくまた映り込みなんですが、この写真の明と暗、これ実は影でなく背景です。クルマに映り込んでる周囲の景色で、スタジオの白い壁と暗いフロアーの配色を上手くボディ表面へ映り込ませてあるんです。光が当たっているように見えるクルマの上半分は白い壁そのもの、同じく影のようなクルマの暗い下半分もフロアーの映り込みで、こんな風な浮遊感のあるシャープなボディの陰影は、お外で普段見る影ではちょっと創れません。こうやって、映り込む背景を上手くボディーと同化するテクニックでもって、カタログのクルマを(実車よりも?)カッコよく見せているワケですが、目もくらむような真っ白い壁なんて撮影スタジオの中だけのこと。なので映り込みが普段からこんなに上手く結果に結び付くとは限りません。ましてや生活最優先の日常の部屋でのモケイの展示なんかでは望むべくもないってところだったりします。

ちなみに、スタジオの撮影って上で言ってますが、実は今はほとんどがコンピュータ画像です。データで作ったクルマのボディへ虚無の世界を計算で写し込むのは”レイ トレース”っていうCG画法。スタジオへクルマを運ぶのも照明のセッティングをするのも今どきのカタログ写真とかは皆んな、マウスでちょんちょんです。

こんな感じに、周りの絵を”計算式”で対象物に映り込ませるレイ トレース画法は
pnt l 303-B
地道に模型を磨くアナロジーな光沢オヤジ、GG最大のライバル...なのかも(汗)。

でアナログ世界の話ですが、上述の日産デイズのようなメタリック系とか多少濃い目の色なんかだと、映り込みはボディに対して浮き上がって見えるからそれだと分かりますが、明るい色ではフィルタリングの効果が強烈に起こっていて映り込みがボディ色へ溶け込んで見分けが付き難くなります。それでもまだ”白紙”ような白色なら多少でも、元の色が映り込み画像に残ってたりもしますが、黄色ではそれさえも絶望的、ボディ色との同化傾向は一層進みます。そうなったらもう、フェラーリのイエローなのか?イエローのフェラーリなのか? どっちなのかが分からなくなってしまうんです(どっちも同じこと言っているような気が)。

下の(↓) ラ フェラーリ。四方をガレージの壁などで囲まれたような環境では、目に見える映り込みは室内の照明に強く照らされた一部の明るい場所の壁、それ以外のこのクルマのボディ塗装表面の大半を占める部分は、なんにも無いように見えますが、実は照明の当たらない薄暗~い壁や天井の映り込みなんです。ボディを見て何もないところに天井の照明だけがポカ~んと映り込んでいる...でもそれって変でしょ? 照明が見えてるのなら天井だって実際はそこにあるハズなんですけど、天井の存在が思いつかないほどに、あまりにも見事にボディと同化しちゃってるんですね。この暗い色の天井がボディに映り込んでいるのって、先述の日産デイズで車体の下半分へ暗いフロアを写し込ませて、疑似的に”影色”を作っているのと同じ状態。このフェラーリの色、だから実は『Giallo Modena』本来の塗装された色ではなく、映り込んだ天井の色が混ざって変色してしまった色なんですが、天井の映り込みのことが理解出来ていないと、そういう説明もピンと来ないんです。例えばこのクルマが、先程のレイトレース画法を使ったCG画像の球の様に、クロームでピカピカボディだったら、この位置だと今見ている写真なら天井が写るってことは想像出来るでしょ? そんな風にしつこく説明しないと理解してもらえないくらい
黄色って色は映り込みがボディに見事に染み付いちゃってあやふやになるんです。

んんん~ん? 明るい壁は解るけど...その他の場所には何も見えないけれど。
ですから、その見えないってのが映り込んだ天井なんですって。えっ分からない?

ちなみに、この Giallo Modena のラ フェラーリ所有者は誰か?と言うと...
pn2 01
相変わらずのダサい室内照明とオタッキーなアナログ光沢オヤジぶりで有名な、
pnt l 302 B
GG.takaさんちのラ フェラーリ.....”でした”。
pn2 02B

爆! だな、こんな展開!!!。



*********************♪


...V8元祖の308の黄色は、GGにとって溜息の出るような存在でした、とか
...お前らのベビーカーなんかとオレのフェラーリを一緒にするな! 、とか

そんな憧れの『Giallo Modena』でアシェット 1/8 ラ フェラーリを制作する計画は実はもう随分前からあたためてあって、てか、既に3号目で大ハズレの出来のフロントボンネット(汗)を引き当てて、その瞬間、これで塗り直しだなと。それで
ブログのタイトル画も一時はイエローのラ フェラーリを載せてたんですけれど
発表までに時間も経っちゃって、今はまた別の絵にしちゃいました(笑)。そういうことで、先ず手始めにボンネットとパテ盛りをエッジに施したRフェンダーを先行テストとして、本番と同等処理にて塗装と磨き出しまで行ったところなんですが。もうここで疑念が出てきたんですね、それもはじめの一歩的な疑念が...。

疑念: これホントに ...『Giallo Modena』なの?(爆)
pn2 03
塗装してみたその黄色は、モデナ(伊)というよりも日本交通のタクシー(東京都)にも見えるのでした...。

言っとくけど、俺のせいじゃぁないからね!!!


映り込みが悪い黄色...なのにその映り込みが信じられないことに!
pnt l 304


いろいろと検証してみたら...話が長くなる結果になってしまいました。
...なので、続きは次回に(汗)。


ボディー塗装編:かくしてGGフェラーリの色はこうなりました【予告編】
では、では。


関連記事