FC2ブログ
TOP1/24サイズ・他情報 ≫ アシェアシェ (疲れちゃったのでタイトルはもうどうでもいいや)

アシェアシェ (疲れちゃったのでタイトルはもうどうでもいいや)

helmet 00 d
*************GG's revue on I caschi dei più grandi piloti di sempre


1/5 (ミニチュア) で、ブログしてみましょ... ん?


**********************************他のスケールだったらネタ作りもに苦労しないのです。

実は、当ブログって
★1/24 (モデル)で、ブログしてみましょ... デアゴ&アシェの1/24ミニカー
★1/18 (モデル)で、ブログしてみましょ... BBR(minichamps)のSF70H
★1/100 (モデル)で、ブログしてみましょ... アシェット『週刊 伊 四OO』

ブログタイトルの1/8以外のスケールもやってたりしてて(汗)。よくよく考えると結局のところ1/8スケールって、随分前から休火山してる「ラ フェラーリ」の製作ネタくらいだったりなんて今更ながらに気付いたりもしますが...(爆)。

そんなGGの「★1/8 (モデル)で、ブログしてみましょ... 」がまたまたご紹介する、今度は1/5 スケールのヘルメットシリーズ(汗)!

**『アシェット 隔週刊 グランプリ ヘルメット コレクション』


スミマセン、アシェットHPが見つからないので伊語の動画でご勘弁を。


**************************************************


こちら現在アシェット・コレクションズ・ジャパン様が試験販売中のシリーズ。この情報はいつも、いつも、そして今回もブログ『☆地球の青☆』のレッサーかずさんからで、氏のブログで既に8月の終りは記事にされていたもの。GGは都内の書店でみつけたこの試験販売創刊号について「デキが悪すぎ」だの「創刊価格 \499円でも値段が高杉」とかなんとか、氏のブログへ好き勝手に悪口投稿してました。

タイトル通りの1/5 ヘルメットのミニチュアが付属するこのシリーズ、日本語版はもはやこの手の商品の創刊号には欠かすことの出来ない伝説のドライバー「音速の貴公子」アイルトンセナ様...のヘルメット、続く第2号はベネトン時代の「皇帝」あるいは「人間ユンケル、走るリポビタンD」あるいは、あるいは「F1 ターミネーター」のシューマッハ様と、共にの神々しいヘルメットが配布。なんですけどね、30年も前に流行だった3色ベタ塗り直線2本が基調な素朴デザイン、形状だってシンプルな外形のデザインに素朴なラインのヘルメットじゃ、折角のミニチュア製作会社(今回はSpark)の製造技術も本領発揮は出来ないしそれより ”パートワーク名物” 下請け工場の仕上げの粗ばかりが目立つのに。...案の定、セナやF40とかMP4/4を創刊号にもってこないとこの手の商品なんか売れるワケないだろう!? ウチの会社に入って何年経つんだ、ってな営業部上司的な発言の出来栄えだったりしたもので、これは久々の失敗シリーズだなと思って。だからそんな前途の悪口発言投稿だったんです、だってホント粗が目立つのなんのな出来でして。

ハテサテ、そんな創刊特価でも高杉に思える出来に誰が定価で買うのかと言えば
...GG、第3号を昨日買って来ました。もちろん定価でです。

イイですよ、このシリーズって。前言撤回いたします(爆)



*************と言うことでブログを読み飽きられる前に、
helmet 04-4 J
*************今日はさっさと商品紹介しちゃいましょう。


本シリーズはこんな台座、こんなケースに各々本体(ヘルメット)が入ってます。
helmet 06-2 J
ケース、台座とも脱着可能。GG実測、ケース込みで85mmH × 87mmW&D。

セナ、シューの号は脳天に分割線が丸見えで醜く盛り上がってまでいたのですが
helmet 11 J
こちらはそんなことなく分割線も顎部分に僅かに分かる程度。これなら全然OK。

バイザー上部のザイロン、通風孔、エアロフィンやHANSのアンカー、デカールと
Spark社の設計製造技術の本領発揮なディテールの豊かさ、細かさが印象的です。
helmet 07 J
見て分かる通り、インナーまで再現してあります。このインナーがスポンジ製で
挿し込み式に台座を留める仕組み。ネジ不要で脱着が楽。あったまイイ設計。

所々に別パーツ化され高級感あり。1/8だと殆ど一体成型されちゃうんですが。
helmet 08 J
マイカ調の白塗装、細かくも正確に貼られたデカールと、創刊や2号とは大違い!!

とりあえずブログは『★1/8 (モデル)で、ブログしてみましょ... 』ですので...
helmet 10 J
1/8 サイズのヘルメットとの比較(汗)。こんな感じ、ともに同型のアライです。

1/2は大きさ・ディテールもこういう感じに差が広がります。そりゃ高額ですし、
helmet 09 J
ブログ名を『★1/2 (モデル)で、ブログし... 』にしたいなら結構お金も必要。
ならば価格と大きさとディテールの兼合いで1/5 はイイ線いくんじゃないかと。

という結論ですが、いかがです? このハミルトン 2014年モデル、創刊号のセナさんやシューさんそれに第4号のプロスト(SEGAソニック時代)さんよりずっとカラフルな配色とデザイン、それに各所のディテールの豊富さで、さもすると大味になりかねない1/5 スケールなら派手目なこっちが断然向いてると思うんですが。
冒頭動画でご覧の通り、伊Centauria社の『I Caschi dei più Grandi Piloti di Sempre』がシリーズの元ネタですが、創刊早々から添付ヘルメットの配布順が異なってるんです。日本の創刊号は「音速の貴公子」セナ、GGが今回購入した第3号ハミルトンは冊子共々動画で分かる通り、元の伊版では創刊号ですね。ただし微妙に色が違っててあちらは金色の最新バージョン 2017年仕様だったりもします(欲しいby GG)。他にもベッテル(欲しいby GG)やタッペン(欲しいby GG)、ライコネン(超欲しいby GG)ってなラインナップが創刊直後から間髪入れずリリースです。本国イタリアはそうしてますが、コレクションものってのは旬なドライバーや目玉商品のヘルメットの出来の良さをアピールするようなモデルから出してくれてもいいのでは。ところが、極東の某国では「チェックメイト理論」とか「勝ちゃあいいんだろ走法」やら、当時ミーハーなTV視聴者獲得を目当てに某TV局が適当に付けたアダナのドライバーとかの方が未だ商品的注目度は高いなんて考えているんでしょうね。んじゃ「売れりゃあいいんだろ商法」とでも命名してあげましょ?

ちなみに、伊Centauria社のHPはコチラ↓
https://www.centauria.it/shop/collezioni/caschi-f1/uscite/

全50刊の予定です。定価は12.99ユーロ、日本円にして\1,720円くらい。日本語版は税込み\2,190円なんですが、あっちのパッケージの仕様はアレなんで(笑)。創刊は日本語版(の試販ですが)と同じく本年の8月25日。付随のミニチュアヘルメットは前述の通りSpark社製で同社の既出商品の流用。ですが、同じくこの伊Centauria社が元ネタのデアゴスティーニ 1/24 フェラーリミニカーコレクションみたいなコストダウン仕様にはなってないようです、とかって言いつつ、実は日本で売ってるのを店頭で見たことなくて。6千円とか1万円(amazon)てのをネットで見たことあるけど、よくよく観ても同じ仕様にしか思えない。こっちは冊子、それも日本語の、だってついてるし。このアシェットの新シリーズって激安価格にも思えますけど。あっ、GG的には除くセナ、プロ、シューの号ってことで(爆)。

Centauria社のHPでは、順次最新ランナップがぞくぞく紹介中。
helmet 01-b2
7号は2017年のライコネンのメット。これは買い?! けど写真UPが未だみたい。

このアシェットの日本語試験販売版をGGが購入したのは、秋葉原の書店「書泉ブックタワー(03-5296-0051)」の5F。で、お店の方も仰っておりましたが、次回の第4号、ウイリアムズ時代のプロストを以て試験販売は終了、その後は未定。またアシェットの今回の試験販売に関して他書店販売情報とかも無いのだとか。GG仕事をサボって内緒でよく行く赤坂の書店には置いてありませんでした。

本国でアップされた方の動画がありましたので最後にこちらに貼っておきます。
なるほど!イイこと言ってるネ、って冗談。伊語は全然わからん。日本語PLS。

マクドのトレーにでも敷いてあるよな紙で出来た洋冊子に、GGいつも絶句です。

こちらは\470円追加で頑丈な箱がもれなくついてくる(笑)日本語版パッケージ。
helmet 03 b J

多少のコストは取られても、こういうきちんとした仕様を好む気質と、それをきちんと企画商品化、販売する国の人たち。未だ保守的な営業部長的商品リリースの順番思考はあっても、自分は日本人として生まれて良かったと思ってるのですが。こんな「風流」さえそのうち欧米化感覚に流されて廃れて行くのでしょうか、余談。


総評...(と言うか)。1/8 サイズだとヘルメット単体で飾るには、自分には1/24プラモみたいに小さくて。1/5シリーズって1/18のミニチュアカーのようにちょっとしたディテールの良さや大きさがコレクション性に向いてるんじゃないかって、だから新発見した気分。さて、ならばディテール細かいより精巧な 1/2のヘルメットシリーズはと言えば、これは1/8 のクルマモケイみたいなもので、高いお金出して買って来たはいいけど置き場は無いわ、2~3個買えば我が家はもう破産しかねないわ、とだからそこで終わり(爆)。結局”コレクション”の名のもとに幾つも集めるなんてのはムリがあり過ぎ。それでも1/2を一つくらいはって、「まんだらけ」で安売りしてたS.〇ンドーン氏のヘルメット買うくらいなら、同額を出資して今回の1/5 アシェットのシリーズを10ッ個買った方が全然イイんじゃないでしょうか。ただしこの1/5、GG的に最悪の欠点があります。バイザーがプラ製なんですが、大抵なんと不透明部品のようなんです。なので折角のインナーも見えないし、かなりリアリティの再現性で損してません? コレこの先、要検討です。

全50刊(伊国での予定)の新シリーズ。さてさて、これから出て来るのは誰(って全国決定してませんが...)? 1/5のバン〇ーン君でもレアでよさげと思うGGです。


では、では。



Comment

No title
編集
師匠 こんばんは。

え~っとヘルメットのコレクションはまったくの門外漢なのでコメントは控えさせて頂きます m(_ _)m
ただ、師匠の熱(暑)い「ヘルメット愛」は伝わってきましたです (^^ゞ
コメントはこれだけですが怒らないで下さい ( ̄。 ̄;)

あっ、ここだけの話ですが「ニスモGT-R」を定期購読しようと
思い切ってポチろうとしたんですが
なんと3号からしかポチれなくて(2号が在庫無し)
諦めることにしました (T-T)
一応デアゴさんには2号の今後の入荷状況はメールで問い合わせ中。
たぶん近くの本屋さん(30~50km走行)(笑)に行けば2号の在庫はあると思うのですがまあここは面倒なのでデアゴさんの返事待ちで~す(笑)

2018年10月02日(Tue) 17:32
当方、デアゴと違って、即コメント回答いたしております。
編集
ottoさん、こんばんは、の時間になりつつあります!
あれっottoさん、ヘルメットのコレクションはまったくの興味ナシですか(汗)?

>2号が在庫無し
これってドーなんでしょう? 生産数を思いっきり減らしてるとか?
品薄になるほど人気があるなんで思えるシリーズじゃないし
今でもやたらめったらとネットであちこち出て来る
目ざわりな宣伝がなんか異常な程多いような気も。
「買え、買え、買え」って背水の陣、だったり。

実際 NISMOって売れてるの?
デアゴ、ちっとも予定してた数に販売が満たないからって
予定してたセカンドロットの発注を停止して赤字を回避...
だから現在は在庫がありましぇんてな状態になっているのでは。

それだと、ヤバそう。
最悪のケース、既にデアゴが生産に手を付けてしまった10号辺りの号の
販売まで終わったら突然...
このシリーズはこれにて終了します、バイバイ。
とかなんてあったりして。
定期購読なら弁償してもらえるでしょうが
書店組って購入記録(レシート)を残してあっても補償ってしてくれるのかナァ??
などと、よくない事考えてます。

ええ、本当の理由は
もちろん! バカ売れしてるから。在庫がないんですよ。
って、自分に言い聞かせてるGGデス。汗~

(ottoさんのデアゴ回答になんか情報入りませんかねぇ)

2018年10月02日(Tue) 17:59
No title
編集
師匠 こんにちは。

ニスモGT-Rですが今朝、HPのバックナンバーで2号も揃っていました。
まだデアゴさんからメールの返事が来ていませんが
昨日までたまたま欠品だったのではないかと思われます。

それでは夕方ビールを飲み酔って気が大きくなったところで
ポチりに行きます。たぶん、、、(笑)
2018年10月03日(Wed) 11:04
ちっとも煽る気なんてありませんから~。誤解ならさずに~(笑)
編集
ottoさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

実は先程までottoさんのことを考えておりました
ってか、実は先日の日産本社ギャラリーで頂いたGT-R NISSMOのカタログを
紙袋に入れたままにしておいてた事に気付いて...。

デアゴモデルの収録に行った(笑)日のことでございます...。
ギャラリーに展示してあったZに載り込んていたら
ギャラリーのお嬢様がいらしてカタログを持ってきてくるんです、ムサイ恰好のおやじ仕様なGGにでも。
勿論そこのムサイおやじ本人がこんなもの買うなんて思えないでしょう。
そうではなくて、そこからリンクして繋がっていく
可能性を見込んだ上での商理論なんだとは思いますが(汗)。
まぁ何がどうあれ、日産本社様、素敵な応対が実に印象的。

で、「他に何かございますか?」と素敵な笑顔でギャラリー嬢
「でしたら、GT-R NISMOがあれば...」とGG。
「あっそうそう、ボクよりも購入率の高い知人がいるんですよ。
とても迷ってる様なので、出来たら彼のためにもう1部」
「それはそれは、是非とも何卒よろしくお伝えくださいませ...(笑顔)」
もちろんギャラリー嬢には購入するのは1/8 サイズなんて言えませんケド。

そういう事で、ottoさんが、もしも、購入決定(1/8サイズですがw)の暁には
無理矢理このカタログを安い郵便にてお送りしようって考えていました...
...ってことをすっかり忘れて、さっき廊下でNISSANって書かれた紙袋見つけて
それを思い出しました次第(爆)。

その他にも、にも。
これもottoさんの<祝!!>購入決定記念盤のスペシャルプランとして...
・GT-R MY2017のエクステリアの詳細動画(収録時間 7:36 )
・シャシメカニズムモデルの動画(同 4:16)
の用意がありまして。要は自スマホでデアゴモケイと一緒に撮った奴ですけど
こちらはボディに映り込んでいるオタクおやじの画像を削除した上でプライベート公開
(よくやり方が分からないのですが、コメ欄見た人だけにYouTubeアドレス伝えるとか...)
をしようか、しまいか、などと考えております。

本社ギャラリーで動画撮影、さぞキモイ奴と映ったことでしょう。
でもこれも世のため人のため、そしてもち自分のため。
「あらあら、こういう人いるのよネェ~」などという顔ひとつせず
どんなにムサイおやじにも勇気と絶好の笑みを奮ってお声がけしてくださる
ギャラリー嬢とギャラリー様に敬意の念を抱きつつ
GGは横浜の日産本社を後にするのでした...それから5時間後に(笑)。

2018年10月03日(Wed) 12:33
No title
編集
師匠 こんばんは!

日産本社ギャラリーですか-。
は~グーグルマップで見ましたがもうお宝バンザイ?みたいなところですね。
私は今まで日産車を購入したことはないのですが
メーカーを超えて車好きにはたまらん場所ですね。

20年前に田舎に越してからは正直そんな華やかな所にはもう行けないです(笑)
ちなみに本州最後の勤務地というか住んでいたのは柏市の豊四季駅前です。
っていうか正確には10m離れた隣の流山市でした。

デアゴGT-Rを定期購読したらお宝資料を頂けるのですか?
これは真面目に考えますですヨ。
ついでに動画ですが日産本社ギャラリーのコンパニオンおねぃさんは
撮影していないんでしょうか(爆)

ではブログ更新しなくてはいけないのでこのへんで失礼します。
2018年10月03日(Wed) 19:01
日産のコンパニオンさんですか?...そう言えばビデオに遠目で映ってたかも。
編集
こんばんは、ottoさん。

>(千葉県)柏市の豊四季駅前
北海道出身ではないんですね。豊四季、おおっ懐かしい。
学生時代のクラブに在籍してた『柏三人娘』の内のひとりが住んでいたのが
豊四季なんですヨ!!... だからナニ。

>デアゴGT-Rを定期購読したらお宝資料を頂けるのですか?
オフィシャル物ですが、さほどページ数も無い残念級カタログです。
…のであまりご期待せずに、横浜在住だったらお宝級ってこともないでしょうし。
むしろ動画の方があのGG.takaがネチネチ~っと撮影してるので必見?です(爆)。

それにottoさんだけでなく、GGのコメント欄に来ていただいた方なら
この動画、誰でも観て頂けるので、そっちのがお役に立てると思います。
(なんて、1/8 NISMOやられていてGGブログに来てて、
さらにはコメント欄まで…なんて方こそ、正に ”お宝級” ですけれども。)


>ではブログ更新しなくてはいけないのでこのへんで失礼します。
更新、よろしくデス。ではまた。

2018年10月03日(Wed) 21:27












非公開コメントにする