FC2ブログ
TOP◆ ドライバー関連 ≫ 週刊 ラ フェラーリをつくる:コックピット 【急募!!】 ラ フェラーリ ドライバー <後編...のハズだったんです>

週刊 ラ フェラーリをつくる:コックピット 【急募!!】 ラ フェラーリ ドライバー <後編...のハズだったんです>

急募!! ラ フェラーリ ドライバー♪〔3〕


Cari compagni! Grazie mille!!

woman driver


★★やり甲斐のあるカスタマイズです(笑)★★


今回は実際に、可動フィギュアのラ フェラーリへの適応方法を考えてみたいと思います(前述のとおりプレイアーツ改限定話しになっちゃいますけど)。 って、ことで先日の写真の解析してみます。

FIG 02

seat 10


シェバ・アローマ(Biohazard 5)が胴体のサイズ的にはピッタリだと思うんですが、GT-R(イーグルモス 1/8 NISSAN GT-R)では何もかもがOKだったのに、ラ フェラーリだと、残念、頭がドライバーズシートから大きく(上へ)はみ出しちゃってますんで、これ何とかしないと。それと、シートと背中の間が離れてるでしょ? FRレイアウトのGT-Rはシートの背もたれが直立なので、大抵のフィギュアの搭乗を受け入れてくれますが、ラ フェラーリ様のような車高の低いミッドシップ車両の場合、乗員は背を猫背に曲めてクルマに搭乗することになるんで、腰や胸に可動部品を持たないアクションフィギュア達はこの段階で、ことごとく淘汰されてしまいます。ミッドシップ + バケットシート恐るべし。

で、先ずバケットシート対策。
フィギュアを造形する人って、皆さんお尻を突き出すようなスタイリングをするので、女性フィギュアの胴パーツ(=背骨)は弓なりに湾曲しているってのはほとんど常識で、ついでにこれならば胸部も突き出せるワケで、この方が好都合。しかし、1/8 モデルでブログする人にとっては正反対に辛都合なところ。プレイアーツ改の女性陣もご多分に洩れず、やっぱり全てがこれなんですが、そんなこと言われたって造型師さんにとったら、ミッドシップカーになんか乗せるなんて、初耳みたいなもんでしょうから。”猫背” なバケットシートに対して、”弓なり” な背中じゃ、パーツの形状からして既に180°も正反対! 最悪? どうする。胴パーツの形状が180°も違うんなら、なんならこのパーツ、文字通り180°ひっくり返しちゃったら... ハイ、猫背になりました。

twist.jpg
(ツイスト♪踊るときは腰をひねって1、2、3... そんな風も見えますけれども)

ほら、いい感じでバケットシートにも収まったでしょ!!
ただちょっとシェバの表情が...冴えないかな。ってことで小物を用意してみたら。
cool 2

OK、OK いい感じ! ヨシ、ひとつ問題解決です!
cool 1
(もしかして、どこが変ったかが、わからない人いませんか?)


お次は、ヘッドクリアランスの番。
先ずはこれ、実物の写真。実物の、っていっても、1/8 ラ フェラーリのコックピットの、なんですが。先行するイタリア本家のとある方のFacebookで見つけてきました。で、懸念のヘッドクリアランスなんですが、実車よりちょっと多めに取っているみたい。これ、自分的に結構ラッキーかも?

cockpit.jpg
Grazie ”1/8 scale model kit of LA FERRARI”!!

実車は、もう少し狭そう。
cockpit b
(ちなみにこの白も、上の1/8 も、ヘッドレストのプラッシングホースが黒入れですね)

クリアランスをどうしようかって悩んでたんですが、これくらいのヘッドクリアランスが確保出来てれば、頭部に関しては、シェバ・アローマのオリジナルヘッドそのまま使用で、”猫背化”も効いてるんで、サイズ的に問題ないでしょう。ララ・クロフトだったらそのままいじらなくても、もうOKです。
*
束ねた後ろ髪は取り外す必要があります。

これで、ふたつめの課題もあっけなくクリヤ!!!。楽勝、楽勝ですよ。

PB284602.jpg
久々の奥のララさん。置くだけでOK、の実換算 162センチ(小さい)。


今回は簡単すぎ。全然カスタマイズしてる気がしませんね~(←実際、何もしてないだろ! 今回)。 プレイアーツ改 様様です。 MR? バケットシート? 楽勝。
...と思ってたんですけど。事件発生! やっぱり、楽なことって続きませんね。


プレイアーツ改ってですね、新しいほどペイント技術が上がってて顔の表情も豊かになってるんです...比例して体もデカくなるんですけど。シェバさん、最近のモデルと違ってちょっと表情豊かとは言えず...。それとヘルメット装着もこだわってみたくて。ディテール豊かなヘルメットを加えることで、コックピット内の情報量って増えるし、ヘルメット越しの視線ってのが、なによりステキでしょ? それに、そもそもネタの都合ってのがありまして。ここまでが楽勝だったんで、これもわけないってハズだったんですが、微妙なところに伏兵が潜んでおりました。

えええっ?ラ フェラーリのシートの象徴の如き、かっこいいヘッドレスト。こいつの仕業で、ヘルメット入らん。頭が前に押し出されちゃって、猫背化が全く意味をなさなくなりました。というか、猫背のままヘッドレストに押し出された頭が、再び天井へ突き出してきてる。もしかしたら、最初っからやり直しかぁ!”フェラーリな” ヘッドレストがドライビングポジションを邪魔するなんて、でもこいつは外せない。はめ込み式だから簡単に外せる?って、そういう意味じゃなくって...。


ドライバー探しの話し、今回で終わるハズだったんです、本来は。

そんなところへ、そもそもの計画が木っ端微塵レベルのまさかの緊急事態。先に知ってたら、いまさら苦労しなくてもすんだのに、もう。ヘルメットがどうしても装着したいッ! ステキな視線が再現したいッ! つきましては、現在も手持ちの1/8 ヘルメットをならべては、いろんなことして対応の真っ最中です。個人的には一番手前のピカピカなやつが面白そうなんですが。...果たして、結果やいかに?! 

seat A06 2jp 2


♪人生、楽ありゃ苦もあるさ♪ 
苦がありゃ、楽だってあるよの方が順序としては精神的にいいと思うけどね、私。
(...でも順番逆なところが、さすが名曲です)




週刊 ラ フェラーリをつくる コックピット編 ドライバー探しのお話し
またもや!! To be continued...いたします。

ついでに、こんなのもしてみました。ダッシュボードカーボンパネルのつやピカ。
dash 01 2

実にイイ感じ(↑)、なんて自分は(自己)満足しておりました...。が、考えてみたら、もしかしたらこれ、別の”最初からやり直し~”に関わっていることなのかも。自分のブログ、最近よからぬことが顔を出してくるようで。
...この話しは、また後ほど。 (ヘルメット? ああ、これは単なるオモリです)



*******************************




*次回のカスタマイズは!...またもや、こわっ

seat A07
早いとこ、首から下を付けてあげないと!!

Comment













非公開コメントにする