TOP◆ コックピット関連 ≫ 週刊 ラ フェラーリをつくる:コックピット編 サブタイトルはまだ未定の「第2章」

週刊 ラ フェラーリをつくる:コックピット編 サブタイトルはまだ未定の「第2章」

サブタイトル、んんん...浮かばない



ブログ書く時って、サブタイトルのイメージって何日か前からなんとなく出来上がってたりするんでいつもは苦労しないんですが、今回は何も浮かんでこなくって。こんなこともしてたんで、もうサブタイトルのことなんかは何処へやらで...。


前に”【急募!!】ラ フェラーリ ドライバー”の回で冗談に使かった「履歴書」の写真、覚えてます? 下の写真がそれですが。こちらはスクウェア・エニックスさんの見本写真。いかにも『プレイアーツ改』な感じのおどろおどろしい風体のお二人なんで、ラ フェラーリをドライブすることより、破壊する方のがお好きなんじゃないだろうかって思っちゃいます。

◆ララ・クロフト(Tomb Raider)     ◆シェバ・アローマ(Biohazard 5)
playarts 02

この写真のままでコックピットに座らせたんじゃ芸もないもんでして、ちょっぴりお遊びしてみたら、結構雰囲気も変りますもので。今日のオープニングはこのネタから。

...シェバさん、なんかセレブなマダム風になってません?
で、なんだよコイツみたいなデカイ犬となりに乗せて、けやき坂流してるの。

ok 16-2

ok 19
「Kirsten Dunstなのコレ? 大したことないわね。」
ok 18

やっぱりイヌ、欲しいな。この冬はコレで暫くいきましょうか?
だって、元はこんなでしたから...。

「ブツブツ言ってないで、アンタたちも早く頭伏せて!!」 ”ババババババーン!”
playarts 02


ということで、前回製作した簡易電源ボックスを早速メーターに接続して...

ok 14 B
...いざ、点灯しましょう。”ババババババーン!”
*簡易電源ボックスの作り方、前回でご説明させていただいております。
..って、.よかったら、こっちも見てね(宣伝、宣伝♪)。

本題入ってますが、今日はラ フェラーリのメーターをカスタマイズしてみます。
ok 222 B

アシェット 1/8 ラ フェラーリ。メーター点灯はまこと嬉しいのですが、できればAmalgamのあの独特の雰囲気に肉薄するところまで、迫ってみたい。(まだ、そんなこと考えているの? GG)
ならばカスタマイズを一丁♪ めざせ、買えないAmalgam の1/8 ラ フェラーリ!!


先ずは、”アシェット”の1/8 ラ フェラーリ、メーターパーツを分解してみました。メーターナセルのパーツ構成って...こんな感じになっています。

ok 600
メーターナセルはここの2箇所でネジ留め。なので分解は簡単。

ok 06B
メーターは1.5ミリ厚の透明プラに光沢紙のシール貼りで処理してあります。

ok 06C
ナセルのアッパーパーツのウラにLEDがセットされていて...

OK 06D
ロアパーツでそれを挟んで固定。リモコンのセンサーもはめ込みでここに。

ナセルはネジで外れますので、分解時にもし壊しちゃたら...は杞憂でした。

で、メーターを見た時は、なんだシールの絵かい、って思いましたが、これミソで、白い紙の上に印刷してあるので、点灯させない時でも普通に見えるし、点灯させれば絵がきちんと浮かぶ。白色プラとかへ直接印刷されてたらきれいに発色しないので、これはベストなチョイスかと。わざわざここだけのためにシール起こしてるんですよ、ありがたいことです。また光沢紙を使用して表面にツヤを持たせたのも、実車の液晶ディスプレイのガラス面を模しているんじゃないかと思います(実物の表面がどうなっているのか、検証出来てませんが)。メーターの絵自体にも反射する光が描き込まれてありますが。
写真撮り忘れましたが、透明プラの裏面は銀色の塗装がされてあって、LEDの明るさ加減をこれで調節しているようです。LED自体も吟味されたものが使ってあるのですが..それについては後述。

バラしてみて推測出来ることは、このモデル、設計~試作の段階で、ちゃんと詰めてきているってこと、好モデルですよやっぱり。ステアリングホイールのトラコンのつまみだって、あそこ塗装がメタルレッドだったでしょ? 好きですこういう製作センス。あっそうそう、ドリンクバーはお替り自由ですよって教えとかねば。


************************



とは言いつつ、デフォルトの状態だと、メーターの端が暗いことが個人的には気にもなります。
なので、今度はメーターにあたる光具合をシュミレーションして、暗い原因とこの対応を考え、Amalgamに肉薄してみたいと思います。(こら、GG!)


ラ フェラーリも実車は今どきの液晶メーターですので、このモデルではナセル奥にセットしたLEDでメーターの裏側から光をあてて、液晶が発光している様子を再現する仕組みになってます。

がぁ、ラ フェラーリのメーターナセルは上からみるとT字をしてまして、LEDから発せられた光なんですが、このT字の内角が邪魔で、照射する光の範囲が限られてしまってました。これがメーターの両端が明るくない原因。写真のように、メーターの両端まで光が広がっておりません。
mater 00B 1a

...で、この状況、改善するには上の写真のようにLEDの取り付ける位置を前進させればいいわけで、これでご覧の通り、照射範囲は広がります。ただ、これだとメーターの絵に光源が近付き過ぎで、中央のレブカウンター付近が過度に明るくなるんですが。写真でも中央と外縁部の輝度の違いが見て取れます(ちと極端ですが)。

mater 00B 2a

そのため、LEDの先端へ「拡散キャップ(白色)」という、シリコンゴムの帽子を被せて、過度の光の高低差を無くそうと試みました。実は、これが前回の記事で紹介した『秘策その1』でした。ある程度明るい範囲を広げることは出来ましたが、それでも液晶パネル全体の明暗の差が残っているので、レブ裏にクルマ用ミラーシートを2枚重ねて貼りましたが(秘策その1.5)、これは失策。暗いところの光量に合わせたものですから、全体に暗くなっただけ。
あっ、言い忘れてました。自分メーターパネルの裏の銀塗装、削り落としてました。少しはメーター端も明るくなるかって思いましたので。考えてみたら、レブカウンターの部分だけ銀色残しておけばよかった、かもですね。

とりあえず、メーター中央の輝度が高めではありますがこの『秘策その1』なら、ネジ留めバラして、LEDの位置を前にずらす程度のカスタマイズなので、むずかしくもないかなと(実際のLEDの位置は様子見で微調整します)。デフォルトと劇的な差が出てるわけではありませんが(汗)。


で、実は、ここで使われてあるLEDって実力者でして、本来の彼の持っている能力ってこんなもんじゃないんですよ。で、その力を存分に発揮してもらうために、さらなるカスタマイズ『秘策その2(ナセル形状の修正)』を用意してるんですよ、奥さん!


というところで、今日はオワリ。
ええっ?


だって、この後も、長いんです。続く『秘策その2(ナセル形状の修正)』では結構いい感じになってます! それでも、さらに良いものにしようって、今回は『秘策その3(内容公開は後でネ)』まで用意が出来てるんですよ、ご主人!!

ちょっと公開。『秘策その2(ナセル形状の修正)』の使用画像から
ok 102




週刊 ラ フェラーリをつくる コックピット編 メーター カスタマイズのお話し
To be continued...いたします。


(勝手ではございますが、)では、また。

Comment

No title
編集
おはようございます!

順調に改造楽しんでますね♪
第17号はタイヤ1個の洗礼だそうで(笑)
デアゴカウンタック同様にパートワークの信仰心が試されますね(^^;)
2015年12月26日(Sat) 08:47
アシェの女神様っていったい...
編集
かずさん、こんにちは!

でしょ! 1800円のゴムですよ。単品で、同梱はなんも無~し。
直続の号(第18号)で追い討ちのホイール 1個責め。
さらに信仰心は試されて、もう心折れそう。

デアゴの時って、最低でもタイヤとホイール、セット提供とかだったかと...。
アシェの女神様、デアゴの女神様より一枚上手ですゾ。

では。
2015年12月26日(Sat) 14:51












非公開コメントにする