TOP◆ コックピット関連 ≫ 週刊 ラ フェラーリをつくる:コックピット編  LEDメーター カスタマイズの章 『秘策その2(ナセルの修正)』

週刊 ラ フェラーリをつくる:コックピット編  LEDメーター カスタマイズの章 『秘策その2(ナセルの修正)』

サブタイトル、決めました!!


...だから何?

今回のメーター点灯ギミック、『秘策その~』がカスタマイズ・テーマみたいな感じになってきたんで、んじゃ、まんまサブタイトルそれでいいやってことで、と。
...あらためて、よろしくお願いいたします。


2回前の回で、簡易電源ボックス作って、我が国 初(推定)の1/8 ラ フェラーリのメーターギミックの点灯を果たしました当ブログ...。その結果、我が国で最初のメーター点灯問題の解決に乗り出したブログにもなってます。もっとも、これも例によってみなさんそれほど気になさらない問題かもしれませんので、我が国最初にして最後、なのかもしれませんけれども...。まっ、いいか。

早速分解して問題の対処に取りかかった前回。先ずは写真にてレビュー。

ok 06 b
<上左>メーターナセルはここの2箇所でネジ留め。分解は簡単でした
<上右>メーターは1.5ミリ厚の透明プラに光沢紙のシールが貼り付けてあります
<下左>LEDはナセルのアッパーパーツのウラにセットされて
<下右>それをロアパーツが挟んで固定してあります


メーターを点灯してみると、どうもワタクシ的にメーターの両端が暗いようで...。で、分解してみますと、メーターナセルの独特なT字形状が原因となって、LEDのビーム角(照射角)を狭めておりました。つまり実際は「暗い」ではなくて、正しくは「光が届いていない」という状態だったのですが...

ok 102

...なので、前回この対策としてLEDの位置を光を遮っている内角の影響の少ないナセル前方へ移動させてみたところ、おおっ、光の範囲が広がったじゃないですか。
ということで、この状態でメーターナセルを組立て直しました。そうそう。
mater 00e

ここまでが前回のお話し。ネジをばらして、LED前にずらすだけの、お手軽簡単カスタマイズ『秘策その1(LEDの前進)』でございます。(別に秘策ってほどでも)

************************



『秘策その2』...ナセルの修正

実はこの状態、いろいろ調べてたら、まだ改善の余地があることが分かりまして。今回はカスタマイズ『秘策その2』として、これをさらに推し進めてみました。

上の上の図で黄色の線にて示したとおり、メーターナセル内角の壁がLEDの光の進行の邪魔をしている。なので、ここをおもいきって削除してみます。実は、この1/8 ラ フェラーリ、メーターで使われているLEDには、光を照らす範囲の広い「広角LED」が使用されてます。照射角が120°タイプのもの(手持ちのものと比較)がと思われますが、これ『~その1』のLED前進で得られているよりも、本来はもっと広い範囲で光を照射してるんです。ということは、この広角LEDの”真”の実力を発揮させたら、...さらなる改善が期待出来るはず!

それで、こんな具合にナセルを削ってみました。
ok 111
プラモでよくやる”薄々攻撃”の要領です

さらに効果をねらって拡散キャップも2重被せで。これで狭角ナセルさんは...
ok 201B3
...広角ナセルさんへと変身! この違い(写真右)どうです。

ナセルの内壁を削って光の進路を拡大したのがもちろん功を奏してますが、拡散キャップの効果もいい感じで。右側のLED、照射している範囲もクッキリしてるでしょ? 拡散キャップによって均一に光が拡散していることが上手く効いてます。

で早速組立て...いや、さらにもうひとつ手を打ってみようかと。

実はLEDのポジションをほんのちょっと左へ(子メーター側へ)振ってみました。もちろん理由は左端まで光が届くように。ディスプレイしたとき、メーター見るのって主に左ドア側からでしょ? 右ドアから覗いたって、明かりついてるや、くらいでそんなに気にならないハズなんで、ましてや、エンジンルーム越しに後ろからメーター全景なんぞ殆ど見ないと思いまして、ここは左側重視のセッティングにしてみました。

では『秘策その2(ナセルの修正)』こんなアンバイです。
ok 04
この写真、レブが少し明るすぎですが、実際にはそこまでは行ってません。ちゃんとメーターの文字、読めます。自分のバヤイ、老眼鏡必須ですけど。
話し変りますが、ダッシュボードのカーボンパネルのクリア塗装、結構いい感じと思いませんか? これも、近いうちにご紹介いたしますので...。

ok 03
とは言え、まだ中央側の方が明るいクセは残っておりますが。

こちらは実車。当たり前ですが、液晶ディスなんで光量はどこも思いっきり均一。
LaFerrari 04

『秘策その2』では、こんなもんでしょうか。雰囲気出て来たかとは思いますが。
ok 03-2


と、いうことで以上、本日の『秘策その2(ナセルの修正)』でした。



が...『秘策』シリーズ、まだ終わりません。サブタイトルにするくらいですから、まだ、いや、まだまだ、いや、多分まだまだまだ、の分だけ用意が出来てます。
シールの印刷が荒いとか、点灯させるとレブカウンターの印刷の色が光に負けてレモン色になってるし、外縁との明るさと差はまだ残ってるし。この件はどうしようかなぁ、と思ってますもので。


*************************



1/8 ラ フェラーリをつくる、今回のメーターLED点灯ギミックのカスタマイズ。『秘策』ってことで、LEDの設置の位置の更、ナセル内側の形状変更、拡散キャップの使用、と、主に光源周りに対する”修正”を行ってみましたが、ここまでは、いわば”準備”の段階。続く『秘策』からは、メーター(の絵)自体に手を付けて、GG.taka流の、他とは”ちょっぴり”ひと味違う、カスタマイズを完成させてみたいと思います(ほんとに”ちょっぴり”なんで、期待しないでネ)。


実は『秘策その3』こんなのも用意してます...”メーター画像の作り替え”。これ、いろんなところからもってきた絵に適当にペイントツールで修正加えたものです。

ok 21

ただし、これは試作の段階。実際の原稿はもっと大きいし、この状態からさらに手を加えてもっとイイもの(当社比)になってます。

なんだかんだで、メーター画像を自作(と、いうより、いろんなコピベ)してみましたが、ここまで行けると、いろいろとまた修正できる範囲が広がりもしますので、今まで出来なかったことも可能になって...さらにはさらには...おっと、これは。
そんなGG.taka流カスタマイズで、宿敵 Amalgam 1/8 ラ フェラーリを迎え撃ちたい?と思ってます。


めざせ!... 「打倒! (買いたくても買えない) Amalgam 1/8 ラ フェラーリ」...
の車内 .....のメーター。
LaFerrari 07


Takaさん、Amalgamのコックピット、メーターは点灯しませんよ。

なぬ? てことは「不戦勝」かい!! ...それとも「反則負け」?!





メーターひとつで、とことん遊びまくるGG.オヤジです。

週刊 ラ フェラーリをつくる コックピット編 メーター カスタマイズのお話し
To be continued...いたします。


では、また。


Comment

No title
編集
こんばんは!

メーターで相当楽しんでいますね〜。
色々な試行錯誤楽しいですよね。
拡散キャップ2重とは考えましたね〜。

しかし、GG.takaさんは説明上手いですね。
比較写真なんてホントよく分かるし。
ブログ書く時の勉強になります。
2015年12月28日(Mon) 22:32
返事、遅くなってしまいました。
編集
こんばんは!6jiroさん。

返事が遅くなってしまいすみません。

懲りずに更新してましたら、コメントチェック抜けておりました。

>比較写真
同じような写真を2回撮るのって物凄く大変。
ウチのカメラ●×△■なんで結構コレで苦労しました。

少しでも体が動くと角度や位置が違っちゃうので
シャッターを押す時は、息止めてます。
*今日の更新ネタに、同じ角度の写真がないのは↑のような、理由です。

...でも褒めていただけるなんて
苦労の甲斐があったようで。

また今度、息止めてみます。
では。



2015年12月30日(Wed) 03:15












非公開コメントにする