FC2ブログ
TOP1/24サイズ・他情報 ≫ 春の新作 ポケールの1/8 と デアゴスティーニ フェラーリの1/24

春の新作 ポケールの1/8 と デアゴスティーニ フェラーリの1/24

春の新作と言いつつ、発売は年末くらいでしょうか...


デアゴスティーニの方はミステリーだしさ


今夜は偶々なんですけど、ポ~ンと2つ、話題をご紹介いたします。

その1、先ずは...。アシェット 1/8 ラ フェラーリもコックピットカスタマイズが一段落しましたんで、次、何んにしようかと思ってまして。ラ フェのエンジン、ですか? GGは見えるとこだけ徹底主義なんで、反面どうせ車載したら見えもしないエンジン本体はいじる予定ないんです(のつもりだったんですが...現段階は謎)。で、ポケール FIAT F-2とか簡単なヤツを手っ取り早く1台完成したいなと、資料漁ってたら、こんなのアナウンスされてたんですね...知らんかった。

『Pocher 1:8 Mercedes 300SL "Gullwing"』

力道山の愛車(GG、古る過ぎだって)。力道山...誰って? ならば裕次郎?

300-1.jpg

全長556 mm x 全幅224 mm x 全高165 mm 重量9 kg
全高比較でいうと、インプレッサ 17.3 mm、ラ フェラーリは 14.3 mm。

pocher_HK108.jpg

300SLですか? 微妙な車種選択で来ましたが、いかがなものでしょうか。

300-0.jpg

...ちょっと前下りぎみなポケールのカタログ。でも、それだけじゃなく、なんか自分のイメージと造形バランスが違ってる気も?(これはGGの独り言ですよ)

各部のディテールはこんな感じ。

300-10.jpg

300-3.jpg

300-4.jpg

300-5.jpg

最新技術で作られるディテールって、やっぱイイです。
アナウンスまだありませんが、カラバリあるなら赤とか? オシャレな色希望。

300-7.jpg

300-11.jpg

予価 $799...也(約\9万円)。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪~♪




で、もう一方なんですが...。
デアゴスティーニの新フェラーリコレクション。めずらしい1/24。いや1/24がめずらしいんじゃなくて、そのサイズでコレクションしろって、提案が...デス。

こちらはミステリアスな新作。実は、デアゴスティーニの公式HPに載ってないんですよ。試験販売? でも、東京で、ですよコレ見つけたの。昨日のこと。仕事明けで、ヘラヘラ・フラフラとはしてましたけど、赤坂の書店に積んでありました。白いパッケージで、フェラーリのミニカーの表紙。背表紙には例のグリーン文字”DeAGOSTINI”って入っていた...ハズ。創刊号はプラ製ケース入りの1/24 ダイキャストモデル、F40が付属。シースルーパッケージで、車体上方から”ブツ”を見ることが出来ます。次号はラ フェラーリ!!なんですが、創刊号はいつもの特別価格なので通常価格の半額。ワオ、創刊号だけ例によって買っちゃおうかって...いやいや、それは...どうだか。

このシリーズって、以前このブログでほんのちょっと紹介したイタリアCentauria S.r.l社(1/8 ラ フェラーリの本家出版社デス)の”Le Grandi Ferrari (邦訳すると、ザ グレート フェラーリって、それ英語じゃん、GG)”で間違えないはず。

book 03

国内の販売がラ フェラーリ(1/8)はアシェットで、The Great Ferrari(英語表記です。日本版のタイトル見てなかったもんで-汗)はデアゴスティーニから、ってのもちょっとしたミステリーですが、こういうの、この業界でよくあるみたい。例えばデアゴスティーニの太陽系つくるやつ、欧州ではイーグルモスがやってたりと。

イタリア版公式ページはコチラ。現地創刊日は昨年の9/5、日本と違って458の赤/黒が付属で、先週の第14号まで進んでまして、こちらは458 Spiderのブルーメタです。公式ページ左下の「piano dell'opera」をクリックすると近先号までの配布内容が分かるようになってますが、相変わらず写真が小っこくって、458の色もハッキリ分からないくらい(汗)。さすがはイタリアーノな??HPではありますが、2週間後の次号に控えているのは、どれどれ。おおっ、出ましたFXX K(大きくしてってば!写真)。こいつ、まだ1/24ってないからいいかも。って思うでしょ? でも価格が結構するんですよ、このシリーズ。日本版、よ~く見なかったんですが、販売されていた創刊号って2千円台の後半だったと思います。で、通常号になると4千円台後半と表記が。オーマイガ!って気分。現地でも通常価格は€29,90(創刊号は€14,99)ですから、あちらでも Mamma mia!てな方もいらっしゃったんじゃないかと? ね、エンちゃん。

恐らくは、と言うことなんでしょうが、現地でも隔週の販売になってます。全41号完結のシリーズ構成ですが、イタリアにだってもちろん、1/24スケールミニチュア(公式発表は19cm)をケース付きで41台も並べられる家(直列並べで8m! マンマ ミーア!!)というか、それを許してくれる嫁さんなんてそうそういないはずなので、途中から定期購読者のみに販売なんてイジワルな手段は用いないだろうって、勝手に推測してますが、いかがでしょう?デアゴ様。

imgSchedaBig.jpg

前述のとおり、本国でも全41号構成の内、まだ1/3の15号までがアナウンスされているのみ。これまでにFerrari California T(第4号、ホワイト。上のだとオープンですがHP中の写真はハードトップ。脱着可能??)とか、599 GTO(第13号)なんかが出てます。完号までには残りちょうど1年(26号X隔週=52週)ありますので、最新のフェラーリ車種とかも出てくる可能性は大大って期待しちゃいます。GTC4 Lusso、出るといいなぁ。もし本シリーズが単品売りなら、第15号(日本版は順番変更ですか)の『FXX K』くらいなら...買っちゃおうか! 1/8じゃないけどさ。



...いやヤメとこ、

5千円キツイので(マジ)。




そんなところで、では、では。

明日、もういちど赤坂行ってみます。で、もう少し詳細をこのブログページへ追記する予定です。やっぱり、都内で試験販売...なんでしょうか??


Comment

東京?
編集
こんにちは〜

これ東京だったんですか〜
どこの先行テスト販売か不明だったので、情報探してました(^_^;)

しかし、他社でもやっているフェラーリコレクションって、今更感が強いですよね。
しかも1冊が高いし、1/24サイズで集めるのはキツイ。
どの程度のクォリティか創刊号だけ買って見たいけど、あまり好きじゃないF40なのが(T ^ T)
2016年03月18日(Fri) 12:29
東京?⇒正解
編集
かずさん、こんばんは~

ええ、東京でした。23区かどうかは不明ですが、少なくとも赤坂の一角にはあります。

はずかしかったけれど、「先程」書店のスタッフさんに確認してきたばかりです。
...もっともスタッフさんに試験販売のことを理解してもらうのには時間かかりましたけど。
(そのスタッフさんがフロントバックの店員さんへ確認、ふたつ返事で試販ですとの回答)

①今更感、②高額、③収集にはデカイ?、な、かずさんのおっしゃる通りの三大苦で創刊ですが、もしかしたら、ハマる人にはハマるんでしょうか。
見慣れたF40が創刊号だったてのも要素④だったりしません? 飛びつく様なクルマで始めればいいのに...


詳細チェックしましたので、写真はないけど、明日帰宅したらブログアップします、って「オマエどこでこの返答書いてるんだ?」なんて気にはなさらないでくださいませ。


では。
2016年03月18日(Fri) 19:28
No title
編集
こんばんは~!

怪しまれる調査ありがとうございます!
ちなみに中野区の近所の本屋には有りませんでした(^^;)
1/24だと京商ダイヤストミニカーが安く有りますが、
デアゴは値段相応に良い出来なのかとても気になります(笑)
2016年03月18日(Fri) 19:51
No title
編集
こんちは~!

東京で試験販売てあるんですね~。それならいっそのことっ全国発売しちゃえばいいのにと思いますwまっ、この1/24のダイキャストカーのシリーズは少し危ない気もしますよねwお二人のおっしゃることがすべてと思います。
造詣が細かくてシャープにできているなら、それでも売れるとは思いますが、どうなんでしょうね・・・・。ちなみに窓のないブラーゴ形式の物はあまり好きではないんですよね・・。
2016年03月19日(Sat) 13:07
No title
編集
こんばんは~!

なんと!!
アシェットから1/24国産名車コレクションの試験販売が始まったっぽいです。
第1号はトヨタ2000GT(笑)
なんか本気でデアゴにぶつけて来ましたね(^^;)
2016年03月20日(Sun) 00:47
ミニカーってレベルではあるのですが...
編集
6jiroさん、こんばんは~!

>東京で試験販売
あるんですね。自分も意外です。それも、かずさんにレポートいただきましたとおり、どうも23区じゃなくって、地域が限られているような。ボクが聞いたお見せの方のニュアンスだと書店を選別してるようでもありました。

>造詣が細かくてシャープにできているなら
次回の記事で詳細を紹介いたしますが、そこではあまり悪くは書けないので。
ここだけの話、F40、たとえはシフトレバーなんてメッキプラのマッチ棒が垂直に刺してあるだけで、ゲートさえ無かったみたいでしたし。製造側からすれば価格相応なんでしょうけど。ブラーゴの出来よりはずっといいかもしれませんが、モノとしては同じ仲間です。ドア開閉のギミック付きってのが、かえってミニチュアカーではなく、ミニカーって感じになってます。

といいつつ単品販売だったらFXX Kが欲しいな...なんて。そう、この企画の魅力ってまだ1/24で出回ってない車両のフェラーリが結構あることなんです。自分、カッコ悪いFFがカッコよくって好きなんです。新作のLussoとかTdFなら色次第では買っちゃうかも??の?の汗。
2016年03月20日(Sun) 01:24
4,620円 vs 4,620円??
編集
かずさん、こんばんは~!

帰宅して寝て起きたら...こんな時間になってしもうた。(汗)

>アシェットから1/24国産名車
すごい、真っ向から体当たりですね。デアゴ、通常価格4,620円なんですけど、この価格帯同士でお互いがぶつかり合うとディープインパクトです。

>第1号はトヨタ2000GT(笑)
はずかしながら...ほしいですコレ。試販地域ご存知でしたら是非再投稿希望!!

デアゴの創刊号価格2,390円なんですが、アシェットだったらそれ以下? そうなら自分2000GT行ちゃうぞぅ。もちろん単品で購入ですけど、ガキの頃あこがれたオッサン車とか2代目ソアラとかは十分「あり」かも?って、デアゴ1/24の詳細情報仕入れて来たのに、未だブログアップしてません。情報仕入で相当精神的エネルギーを使っちゃったので、熟睡しちゃいました。

過去にもフェラーリと国産車で1/43のコレクションがありましたけど、実は国産車のシリーズの方が人気があるんですって。自分も上述のとおり、なぜかあの頃のあこがれ、たとえば中学校の先生が乗っていたライトブルーのダルマセリカとか、なんかカッコワリ~なんて自己評価だったハコスカとか、結構大きな存在としていつも心の中にあって「発進準備完了!」な状態になってる感じが分かりますもの...危ない。

日東なんかで当時出していた1/24プラ、R380-IIとかあったんですよ。もうあの頃の金型って処分されちゃったんでしょうか?

2016年03月20日(Sun) 02:00
編集
創刊号は1499円!!
渋谷山下書店で発見?らしい。
https://mobile.twitter.com/NISHINOB/status/711169421583077378
2016年03月20日(Sun) 08:21
また都内!
編集
かずさん、おはようございます~~!

早速の情報ありがとうございます。

うぁ、こっちも都内で試販ですか?
創刊号価格からすると通常価格は税込み3000円プラスでしょうか?

鉄火面くらいなら...。

2016年03月20日(Sun) 08:44
デアゴvsアシェット
編集
おはようございます。

1/24スケール自動車ダイキャストカー、都内試販、3月発売と
みごとにカブってますよね~

創刊号対決ではやはりアシェット有利か?
デアゴのはフェラーリ限定&F40ってのがまずかったかも(==;)
個人的にF40,F50,グランツーリスモの流れは
フェラーリの中でも下位なんで触手が動きません(^^;)
288GTOや458系の流れが好きです。

国産車ならセリカ(ハッチバック、XX)、ギャランGTO、
スカイランGT-R(ケンメリ)、スープラ(70)、初代シルビアなど

そいや・・・アシェットの1/43国産名車コレクション。
シリーズ延長で海外車が発売って(笑)
国産名車じゃないじゃん(^^;)
F1コレクションもF1以外を混ぜて来るし、何でもアリですね~
2016年03月20日(Sun) 09:36
デアゴvsアシェット 2
編集
こんにちは、かずさん。

>国産車ならセリカ(ハッチバック、XX)、ギャランGTO、
スカイランGT-R(ケンメリ)、スープラ(70)、初代シルビアなど

おおっ、それいいですね。

デアゴとアシェット。お互い隔週で、ずらして販売したら、毎週楽しめそうです。
...書店で立ち読みするだけですけど(笑)


ブロク、あとちょっとでアップします。くだらない出来になってます。

2016年03月20日(Sun) 11:57
No title
編集
ここは貧乏人の集いの場ですか?
ミニカーは43スケールで5000~10000円するんだよ。
24スケールでマガジンまで付いて4500円は安いんだよ。!
それからF40は今までにいろんなメーカーが発売しているから
よっぽどリアルな出来ばえでないと売れないかも!
今回のデアゴはパッケージのセンスが悪いです。
マガジンの表紙もあれじゃ子供の玩具みたいで・・・
2016年09月20日(Tue) 20:25












非公開コメントにする