TOP ≫ CATEGORY ≫ 1/8 ラ フェラーリ製作

週刊 ラ フェラーリをつくる:ボディー作成編 ”アブノーマルな”チリ合わせの話し、その弐点壱。

brf 00 A
**************LaFerrari 1/8; secondary body panel fitting Vol. 2.1

よく見れば違いが分かると思うんですが....


********************それって... 違いはよく見ないと分からんて事とちゃいますか?

さて、前回に続き、って前回は何やってたか一瞬忘れてました(汗)。とにかくアマルガムの後ろ姿を追ってって感じに、ブログ進行無視してあっちこち思いつくままボディーに先行実験とかしてますもので、ウチのラ フェラーリ。

****************



先程、前回のブログ見てやっと思い出しました(笑)が、前回はパテ埋め修正の基本を紹介してたんですね。ということで今回はその応用の実践になります。GGが使用している金属パテ ホルツ ねんどパテ MH121。前にもお話ししたとおり、キメの細さが良好で、これによってクレイモデルを仕上げるみたいにシャープなエッジ形状が再現出来るんです。それでこの利点を活かしてアシェット 1/8 ラ フェラーリの一部あいまいな造形箇所を納得出来るように修正したいな、ってお話です。

例えばこことかがそうなんですけれど。とりあえず2,3 修正してまいります。
wh-zz 20

最初は上の写真のドアとフェンダーのところの分割ライン。で”ライン”と言うからには、線を引いたようにもっとビシッとしてて欲しいって思いまして、幅が広すぎで等間隔にもなっていない所がGG的にはどうも。308で初めて見たこのラインに一目惚れして以来、ブリスターフェンダーの膨らみに添って張り付く288GTOのラインの美しさに溜息をつき、フロントとリアのカウル分割線と共有させて機能美を強調したF40のラインには唸らされたこの分割ライン、次のF50ではフェラーリがこのラインを斜め(!)に入れてきたのは衝撃的でした。それまで、こういったモノは地面と平行なのが自分の中での半ば常識でしたから...。そんなGG思い入れの斜めラインがラ フェラーリで復活、と言うよりは、昔のデザインを社内的にパクっただけ。21世紀的な”ヒネリ”もない古臭い線なので、正直なんだかいまさら感がしますけど、ここ。単に、形状を修正するのが面倒なだけです(笑)。
...フェラーリもアペルタでこの古臭い線は、早速ボツにしてました。

F50はデザインの見せ所を無理に捏造してないのでライン効果が活きたんですが。
AC 13 B
今風の自動車のごちゃごちゃし過ぎなデザインも早く行き着くところまで行き着いて、またシンプルで本質的なデザインが世に好まれるようになるといいのに-GG-

こちらもごちゃごちゃし過ぎ、って...余談ですね(否、余画像です)。
AC 12B

GG、既にフェラーリに見捨てられた線と決めつけてますが、ラ フェラーリはラ フェラーリなんでここビシっとした直線でいかにも”溝”ですって感じに直します。
AC 14

上の写真に比べ、いかにもぬる~いってな造形のアシェット。ここ、特に内側に回り込んだところはフチがやる気なさそにダラ~っと丸まっちゃってますし、インナーフェンダーの凸ライン下部がだらしなく見えちゃってて...。インナーフェンダー自体、ヨレヨレの手抜き造形で。図面書いた人、ここどうしちゃったのよ?
wh-zz 11 b

実車でドアを開けた時の写真。ドアが開くとラ フェラーリはちょっとしたメカチックなエンターテイメントが楽しめるんですが、アシェットは何処も彼処もプラの黒部品を粉を吹いたようなつや消し黒で一括塗装しちゃうんで”黒の味わい”ってものがない。結果、ここなんかは面白味も半減に、いや1/3 減か。実物はセミグロスの黒、ウエザーストリップのラバーブラック、それとラインの艶消し黒(写真はツヤに見えますが)そんな感じなんで、ヨ~レヨレなインナーフェンダーの作り直しの際に塗り分けます、って金属パテの話から外れちゃいましたが。ところで、アシェットのラ フェラーリって完成すると今見ている位置から激しくドアアームの銀色歯車と駆動モーターの白色歯車が露出して見えるのをご存じでした?
wh-zz 13

アシェット製インナーフェンダーの、ヨレ、ヨレ、ヨレ...なんだかなぁ。
ちなみに左端に見えてる半円がドアアーム歯車用の欠き。下の筒状の窪みがドアシリンダーなんで上の写真をと比較するとどれだけ露出するか分かると思いますが。
GG対策必須? といっても歯車、塗装出来ないからどうしたものか悩みます。
wh-zz 21
...どうしようもないようだけど、歯車塗装。(現状保留)

**************** ???



はてさて、とにかくパテ修正はじめないと。ライン幅は狭め直線的にも直します。
基本的には先日のドアの隙間埋めで行った金属パテでのパーツ延長です、がその際にやったようなプラ板でのパテ盛りの土台を作ることはインナーフェンダーが付く都合、スペース的にムリなので、以前やってた犬歯状の切り込みで対応します。

プラ板の土台ってこんな感じ...前回掲載忘れてましたので今さらですが(汗)。
AC 15
隙間の量とついてる段差は見ないように。目下精鋭修正中。

フェンダーの峰やボンネットの境目修正でやった犬歯状の切り込み。パテ盛りの表面積と食いつき具合を増すための即興の思いつきだったんですが、その時はまだ切り込みがなまかったんで...途中で剥がれてしまいまして(汗)。今回はそれを反省し裏まで貫通するようにガッツリと施してあります。格好などはお構いナシです。

「あの~ですね。コレ(↓)なんかに似てる気がするんですけどぉ?」
「そんなこと言ってないでさっさと修正するんだよ、このスカポンタン。」
「アラホラサッサ~ホイサッサー!!」

何それっ? まぁ気なさらず。それではパテ盛り先に進めます、それポチッとな!
wh-zz 18

ヨレヨレのプラ製インナーフェンダーの凸ラインはヤスリ掛けで取り除いてます。ここでご注意。アシェットの黒塗装はタミヤのスプレー塗料と相性が悪く変に弾かれます(水性なのかも)。パーツは再塗装に備え元の色は全て削って落としました。

で、インナーフェンダーを土台板代わりに前回同様くっつぃたら困る場所をマスキングテープにて養生のうえパテを盛り、硬化した後にフチの長さを削り出しで調整していきます。もうひとつこのフロントフェンダーなんですが、ホイールアーチ側面の切り落としが↑の写真でも分かるように途中であやふやに消えてます。なのでここにもパテを盛り、削り出して納得のいくシャープな形状へと修正いたします。

パテ硬化後のウラ側はといあえずこんな感じ...の写真。
wh-zz 17

今回のパテ修正の目標は...GG的に後のカスタマイズを見込んでシャープさを増した形状にしていくことなんですが、アシェットのオリジナル状態はご覧のとおり。

これを...
brf 06 c
こうして...
wh-zz 16 b
こうやってから...
wh-zzz 01 b
こうすると...
brf 07
...こうなりました。

ボディーが修正されて行くってよりも、なんだか段々とGGフェラーリが汚くなる画像と言った方が当たってるみたいなんですけど(笑)。わかっていただける人にはわかってもらえるのではないかと、多分(汗)。今のところはバランス重視に進めてますんで、もう少し汚し、いや修正を続けていきます。...がその話はあとの回で。


微妙ですが、徐々にカッコよくなってる気は し・ま・す。
brf 00 F
あれ?ドア下のサイドスカート部にも段差が。ここもそのうち直しましょう。

てな感じで、パテ修正に時間を掛けちゃってますが、似たような画像ばかりではつまらないでしょうから...次回は少々カスタマイズの話題を変えてみるつもりです。

****************



パテ修正していたら、ふと、思いついたことがありました...

画像を左右反転して、ちょっと遊んでみました。
brf 08
アシェットのラ フェラーリの進捗具合を、実車の画像と合わせてみたんです。
brf 09
なんか微妙な違いがあちらこちらに...。あらまぁ結構な勉強になりました(汗)。

遊びのつもりだったんですが、おかしなところが一目瞭然に分かってしまうコレ、ネット漁りの画像と同じ構図のモケイ写真を撮って照らし合わせて確認するこの方法は今後も十分に活用出来そうです。GGイイ発見しました。


AC 00
まだまだ詰めるところは出てきますが、GGフェラーリも作業は進んでますヨ。


それでは今宵はこの辺で。
では、では。

週刊 ラ フェラーリをつくる:ボディー作成編 ”アブノーマルな”チリ合わせの話し、その弐点零。

brf 11 b
**************LaFerrari 1/8; secondary body panel fitting Vol. 2.0


いっつもおんなじ写真ばかりなんで....



実はつい1時間程前に一度ブログを更新してるんですが、その際↑へ使ったGGフェラーリの画像が前回のとちっとも違って見えず...これでは更新してても誰にも気付いてもらえないってことで、目立つラ フェラーリの写真と替えました(笑)。
...お早うございます。地味~なカスタマイズでブログ更新中のGGです。


本日の”アブノーマル チリ合わせ”、第2回目はパテ埋め修正の基本について。配布されたパーツをヤスったの削ったのした後の、それでも残る隙間や段差にパテ盛りをして修正していきます。例えばフェンダーやバンパーの接合箇所とか、それとお馴染のパートワーク商品に欠かせない、DVD見本とはぜ~んぜん違う〇欺チックな...今回だと盛大なドアの隙間。『設計上の遊び』だと言って読者を納得させてますが、あんな大きな隙間を最初から見せられていたら購読を躊躇った方だっていたハズ。完成品見本としょうすのならばそれは正直者の講談社さんみたいに、背中から妙な突起物を突き出し、ちゃんとう〇こ座りして、異形な体形もきちんと誤魔化さずに、と、そういうものにしないと。完成品見本なんだからもう少しなんとかすればいいのに。ん、それってアシェットのこと? ...それとも講談社の話??

********** 汗ット・コレクションズ とやいかに



brf 02 c
盛大なドアの隙間、これはいけなかったんじゃないの。

と言うことで、よせばいいのに始めました通算二度目のチリ合わせ。フロントボディーにGGが残る問題と言うからには、やっぱりGG的にってことですから、もちろんGG的な解決をしたいと思います。が、いきなり面倒なこともする気になれなくって、先ず最初に手を付けたのはフロントのボンネット。ここは簡単そう。

wh-z 23

この箇所はよくやる瞬着(ウエーブ 黒い瞬間接着剤)にてパテ埋めしてます。プラ/金属材の混成なので要領はプラモとおんなじ。ただし瞬着硬化剤は使いません。あれ使うと瞬着が金属並みにガチガチに硬くなって、プラ側を削るのが厄介。パテ整形のコツって、削る周辺の硬さと硬化した際のパテの硬さを出来るだけ同じにすることだと思います。で瞬着を使ったら気長にこれを自然硬化させてます。もちろん乾燥中にはヒケが出ますんで、都度、瞬着の盛り足しは必要ですが。パテ埋めは上記の写真で目立ってるラジエーターダクトの後ろ半分だけ。ダクトパーツ途中のフィンのところから先は分割して、後ハメをした方が作業もし易く整形も楽です。

wh-z 24

****************


で、これからが本題。1/8 ラ フェラーリ、金属ボディーのパテ整形のお話です。

GGが好んで使うのは、写真の金属パテ。Amazon価格¥500円程度の粘土状のパテ、と言うよりも”まんま”ねんど。盛り上げる造形は得意中の得意、なのでフロントにもう一つフェンダーを追加、なんてこと出来ちゃいます、やりませんけど。

wh-z 20

金属バテ『ホルツ ねんどパテ MH121』って?...
この金属パテはいわゆる溶きパテのような溶剤に溶かしてあるパテではなく、化学反応で硬化するタイプ、なので乾燥ヒケというものがありません。盛った量と形そのままに硬化し、硬化後はダイキャストと同じ硬さ・材質感になりますので、ダイキャスト製モケイの形状修正にはとても重宝してます。またキメが相当に細かく頑丈なので、シャープなエッジの整形も可能、整形表面からパテが崩れてくることも起こりませんし、パテとの境目に違和感が生じたりもしませんので、プラサフを吹けばパテ盛りしたことを忘れてしまうくらい綺麗な表面に仕上がります。ただし、難点がひとつ。商品名にあるとおりの”ねんど”状のパテにつき、施工する面へ薄く塗布するって芸当が出来ません。で、GGはいつもパテを知らず知らずのうちに超大盛りに盛ってしまうので(汗)、1/8 スケールではほとんど全ての盛ったパテが「削りカス」へと変わり果て、そこら中が粉だらけになりがち。サッと水でも洗い落とせはしますしモケイブラシでも何とかなりますが、侵入した大量の粉は内部パーツやギミックには良いものではありませんので要注意。
(2017年2月26日のGGブログより転記)って、ブログ内でコピペかよ!!

クリアーパーツにも良くないかも。化学硬化系のこのパテ、どんだけ盛っても硬化時間は変わらない12~15時間。前の晩にパテ盛って会社から帰宅したらきっちり作業出来るんで厚塗りしたらいつ乾くんだか分かんない溶剤系よりスッキリ気分。

*********************



先ずはパテ盛りの準備から。
今回は先のラジエータダクトの様な一体成型されているべき箇所の整形ではなく、組み立て・分解を常時可能とし完成後でも実車同様に分割ラインが分かる(残る)ようにするため、作業工程が若干かさみます...ホラさ、面倒くさいっしょ?

バンパーの隙間の修正は、この隙間の原因を作っているフェンダーパーツ側のみにパテを充てます。ただし、パテを盛り付けるには非常に狭い箇所なのでフェンダーバーツ先端を写真のように斜めに削って、パテ付け面積を増やしてあります(...が、これだけでは実は足りませんでした-汗)。
wh-z 22 a

かわってフェンダー部のヨレ・ヨレとした溝は、フェンダーパーツとバンパー後端の両方に原因がありますが、まずは先にバンパー側を修正し、その後フェンダー側と2回に分けることで、整形するラインがあやふやにならないようにします。で、注目はバンパー後端にヤスリ掛けで施した犬歯状のギザギザ。上のパンパ―の時よりさらにパテ面積を増やすと同時にパテの食いつきもよくするための工夫なんです(...が、実はこれだけでは未だ足りませんでした-汗々)。
wh-z 21 b

もちろんパテにも接着効果がありますので、上述どおりにパテ整形後も分割可能とするため、接着されたら大変困ってしまいそうなところは写真のようにマスキングテープで養生。金属パテはマスキングテープに付かないから、整形後のパーツ取り外しが楽ですし、”ねんど”なんで盛ったパテは受け側の部品形状にぴったり同じ形で固まります、要は型取りしたワケです、のでこのこともいろいろ重宝します。
wh-z 19 b

で、パテをテープの上から盛ります。あれれ、GGまたまたパテを盛り過ぎ(笑)。
wh-z 18

一晩置いてパテが硬化したらサンディング。使用は紙ヤスリ、GGは320番とか400番を使ってます。平滑度が必要なところは下写真の長方形の木片を当て板に使いますが、当て板は盲目的に使うと平滑はいいんですけど、本来とはぜ~んぜん違う角度の面なんぞが出来ちゃう恐れがあります。なので、基本的には色々な角度から影を使って面の具合を確認したり、指の腹でパーツ表面の感触を確かめながら仕上げてます。ちなみによいモケイとは目だけでなく指(感触)でも楽しめるってのがGGの自論ですが...バカなんでしょうか? 削りカスは相当量出ます、ご注意を。

dust z
いやぁ盛大に相当な削りカスが出ておりますナぁ(笑)。家族笑ってはくれません。


サンディングが終わったらあらためてパーツを分解、ボディーを水洗い。今回のパテ修正はフロントボディーのR側だけ。左右いっぺんにパテ修正を実施しないのは、パテに覆われた部品が雪の積もった大地みたいに元の形を分からなくするんで、L側を参照用として原型のまま残しておいたためです。隙間がなくなり、あやふやな箇所が排除されていくと、1/8 モデルは実物より徐々に大きく見え始めて来ます。つまりラ フェラーリがスケールモデルへと変わりつつあるということ。この感覚が楽しめるのも1/8 の特権ですね、1/24 でこれはありませんので。

wh-zz 5

ということで、アシェット公式のドアの隙間...の前にある非公式なフェンダーの隙間はこんな風に修正中。
brf 03-1

拡大するとこんな感じ。まだバンパー後端側の整形のみですが、パテが綺麗にパーツ表面と馴染んでビシッと分割ラインが形作られてるでしょ? チョイきたないけど(汗)。だた分解を繰り返しているうちに中心側に剥がれが出て来ました。犬歯状に施したギザギザが浅かったようです。いいアイデアだとは思ってるんですが。
brf 03-2

そのいいアイデアがまだ思いつかなかった頃のバンパー接合部のパテの方は、同じく組み立てを何度も繰り返したあげく、食い付きの甘いところから一度剥がれました。がぼろぼろとは崩れない金属パテなので、剥がれた部分は瞬着で貼り合わせて対処出来ます。次回からは犬歯は”がっちり”と入ってますので、お楽しみ(?)に。
brf 01


そして本日最後は、問題のドアの公式隙間。



先ずは上の動画を。こちら前々回のブログで登場のイタリア原産のラ フェラーリ君の動画です。前輪のハミ出し(...こちらは前々回に説明)とか全101号って書いてある(伊版は完号がスペックプレート、だったかな? もう確認出来ず)の事は無視して、ドアの開閉シーンを注目。『遊び』って作動に伴う多少のゆとりとかぐらつきの事だと思うんですが、伊版を観て特にそんな動きはみられないみたい。それにエンリコ氏のFBもあらためて確認しましたが、邦版とは隙間の空け方が異なってて、比べるとかなり狭いようなんです。邦版では何か改善...否、改悪になってる⁇
※この動画、こじんまりと鑑賞せず、全面表示で観たら...萌えますyo。

これくらいだったら隙間は全然OKなんじゃないですか? 作動にも影響は出てないのに...なぜ後発の邦版では『遊び』と言い張る大きな隙間を設けたのか不明です。
brf 12

こちらはエンリコ氏のFBから。
brf 10
写真が切れちゃってますが、隙間はちゃんとそれなりのレベルで収まってます。

伊版が問題なくスムーズに動くからには、この『遊び』説にはGGは否定的で、それで隙間を埋めることにしたのですが、このドア、手動で動かすと確かに歯車が支柱間を前後に動けるようにはなっています。ただしそれが動かせるためにあるもの(=遊び)なのか、それとも動かす必要がないのに結果的にそうなってるだけ(=設計の不適)なのかは、モーター駆動が出来ない現状、確認は不可。リモコンの号(自分で組立てるんです)配布までお預けですね(で、予めのテスト基盤ってのはないから、いざ動かなかったら、不具合がモータなのか、基盤なのか、リモコンのいっぱいある部品のうちのどれかなのか、はたまた電池ボックスなのか、使い古しの乾電池の電圧不足←よくありますコレ、なのかぜ~んぜん原因は分からんだろが!!)。もちろんGGは設計不適に一票、ドアの不要な前後移動は抑止です。でないと、最小限まで隙間を詰めたフェンダーへドアアームが開閉時に当たって来ますので。

前後移動の抑止は、ドアの支柱のエンドにワッシャーを噛ましただけのことなんですけど、ワッシャーを直に付けるとドアが後ろへ寄り過ぎになるので、支柱と同径の極小ワッシャーを2枚、支柱との間に入れてあります。これで『設計上の遊び』は無くなったのですが、果たしてそれで正解なのか、どうか。ただ、この支柱、ちょっと怪しいところがあって...ワッシャーを取り付けたって書きましたが、最初からそこには(支柱の先端には)2.3φの穴が設けてありました、さらには支柱自体の長さが足りなくドアアームの歯車部品は支柱から前方へとハミ出すんです。それでスペーサー代わりに極小ワッシャーが2枚も必要になってるんですが、ドアを正しい位置にセットしてみると、支柱の後ろには余りが出て来ます。前は足りずで後ろは余る、図面を引いた際に歯車の位置関係とに何か誤りがあったってこと⁇⁇

ワッシャーを留めてあるネジはもちろんアシェットの付属(の余り)。
brf 04 b

これでドアは「定位置」からは前後には動けなくなりました...が動けなくしちゃってよかったのかは知りませんよ(汗)。とにかく”そう”しないと隙間も埋められないので。で”そう”したので、隙間が埋まりました。下の写真、パテ埋めしたフェンダーの隙間の形状を目で追って行きながら、形を徐々に調整してるんですが、GGも驚く奇跡の結果でドアともピッタリです。「信じられない... (GG談)」ただ、フェンダー=ドアのパネルの繋がり設計がよくなくって段差、ドアに対してフェンダー側が微妙に低い!があるんです、なので...あかん、奇跡なんてもう起きないだろうなぁ。ここは再度パテの追加盛りしないといけなそうなんですよ。あぁ残念。

brf 05

このドアの隙間埋めですが、もちろん他と同様、金属パテでの処理。ただし、パテだけのパネルラインの継ぎ足し延長なんてとっても危険(形を保持出来うる十分な強度に不足)なので、フェンダーパーツのウラに予め0.4ミリのプラバンを任意に切り出して底板として貼り付けてその上へパテ盛り。底板ともども削って整形を行ってます。ご覧のように現状はピッタリ隙間なしの”隙間”ですが、この後必要なだけ間隔を広げ、完成させて行く予定です。

****************



と言うワケで、今日は序の口。パテで整形出来るならば、なにも隙間の補修ばかりやってたって意味ありません。なんたって、GGブログは実車に近づけるカスタマイズが話題の売り(って、いつからそうなってたのさ?)。そうあるからには、このパテ整形使って、アシェット 1/8 ラ フェラーリが実車と違っているところまでカスタマイズで直しちゃおうじゃないですか!あぁ面倒くせぇゼ!!

などとクリアする問題も解決せずに、大それたこと企画してたら全体が破たんしちゃうかも。そんな危惧もしつつ話は『その弐点壱』へ続きます...そのうち(汗)。


では、では。

追伸
なんか、毎回似た様な写真ばっかりの掲載、皆さんも飽きて来たでしょ? (謎)

週刊 ラ フェラーリをつくる:ボディー作成編 ”アブノーマルな”チリ合わせの話し、その壱。

fit 02
****************LaFerrari 1/8; secondary body panel fitting Vol. 1


とりあえず2度目のチリ合わせ...



前回の終わりで案内いたしましたように、現在GGフェラーリは2度目のチリ合わせの最中。解体途中のラ フェラーリ、1/8 でモノが大きいだけにほとんど板金屋状態の我が食卓の上(汗)なんですが、この状態が当分続きそうです。なんたってGG、凝り性なものですから...おたく、じゃなくって凝り性です。凝り性。

003 b

で本日のブログは、まだまだ作業が長引いてこの先も発表出来ない通称”アブノーマルチリ合わせ”の間を埋めるべく、そんじゃGGはそのアブ何とかで何をするのかでも紹介しようかい...なんて今のおやじギャク分かりました? にいたしました。


*********************


ボディー周りのGGカスタマイズは、第2章にて”ノーマル”なボディーパネルのフィッティング(チリ合わせ)をいたしましたが、いわばこちらはアシェットのラ フェラーリのパーツが、もし完璧なものとして配布されていればこうあるべきと、バリや塗装溜まりの収去や設計上の問題を修正し、って配布されてくるパーツがそんなことじゃ本当はイカンのですけれど、で、パーツ同士の合いを高めたものでしたが、これに対して、現在実施中の2度目のチリ合わせは、アシェットさんのポカ(汗)以外の、ダイキャストモデル特有の製造や塗装工程の都合で生じる”成形グセ”への対応や、不肖GGの好み、例えばエッジをパリッと立ててみたらとかの反映といった普通ではない、いや普通ではしないチリ合わせ。おたく、じゃぁないナ、凝り性のGGのこだわりを...よせばいいのに(笑)、具現化する内容になってます。


で、そんなGGが先ず何とかしようと思うのがここ...。

アシェットが公式に宣う(のたまう)『ドアの動きをスムーズにする設計上の遊び』のためのドア=フェンダー間の隙間。それだったらカッコ悪いけど仕方ないかァ、とGG言う気はありません。今どきのCAD設計が ”設計上の遊び” ですって?

wh-zz 27 b

このバタフライドア、中国語の表記は蝴蝶門(だから、何?)、実際にはほとんど「垂直」に上がるんで前後方向へ大きな空間を設ける必要性なんてないハズなんです。実車のラ フェラーリだって実際には隙間はここまで広くないんですよ、ならなにゆえアシェットには実車以上に大きな隙間が必要になるの? って変でしょ。”設計上の遊び” とか言ってるけど、アシェットさん、ここってもしかして

wh-zz 30

「何らかの設計ミスなんじゃないですか? 」そんなことを言い出したGGですが、それにはもちろん理由もあるからで、どうもこんな隙間なんかなくったって、ドアのモーター開閉はちゃんと出来そうなんです。それを今検証しているところなんですが。それが今日の冒頭写真、ドア支軸へ追加工作してるワッシャーなんです。
...お見せいたしましょう! GGはこの隙間、必ずや見事に消してみせます !!
(で失敗だったら、この文をブロクから見事に削してみせますヨ !!! 爆)


と言うことで、大口叩いちゃった(汗)ので、後は小口の修正を諸々。

何分GGのことですから、重箱の隅を的なことかもしれませんが、価格差のある新生ポケールやAUTOartの商品ですら、もっと上品な製造業者スピリットが見て取れる場所なんで 、パートワーク模型ってやっぱ(総合的な面においても)金掛けてねんだなぁ、ってな残念な箇所を修正しいたします。ひとつはフェンダー=バンパーの接合部。チリ合わせは済ませたんでズレも段差も修正済みですが、でもまだ繋がり具合がキレイとは言い難い。ここ、キャスティングの際の溶湯(材料の溶融金属)が回っていないのか、あるいは工員さんが角をバリと一緒に削り落としたのか、そんな感じにバンパー後端部分が丸まってて不均等な溝になってるんです。

そんな感じがのところがまだいくつか残っているので、GG、アシェットの”公式な隙間”とあわせて、同社のこんな”非公式”なところへも手を入れたいと思います。
wh-zz 23 b 2
こことか。
wh-z 03
あと、これも。
wh-z 04

上のバンパー=フェンダー接合部は、中央に行くに従い間が徐々にV字に開いてるのがGG的にはチョット。自動車の部品であるからには非平行なのってナシと考えるので。右ヘッドライトは開口部がギザギザ。これ親切かつ迅速対応で有名なD社の製品だったら速攻交換申し込みの対象。でもアシェットの場合は半年待っても代替え来ないかもしれないので、仕方なく自分で何とか致します(笑 ←笑えんナ)。

以上はしょうがないから直すのパート。でここから、もの好きで直すのパート。


GGはスーパーカーのデザインが好きで 1/8 クルマものを作ってるようなものなんで、作ったモケイもそうなってくれてないとダメなんです。ブログタイトルにした1/8スケール、やっぱり大好きです。だって1/24や1/18じゃ望んだって、いじりようないでしょ? そんなワケで下の写真は今まで配布されたパーツを組んだ状態と同じ構図の実車ですが、GGのラ フェラーリもこうしないといけません。拡大するとこの中だけでもやることが沢山。なんというこの贅沢。病気ですよ? って。

wh-z 00 b

ラ フェラーリ。大抵の人が先ず先にその立ち上がったフェンダーや横っ腹を大きくえぐったラジエーターインテークなどの仰々しい曲面構成のデザインを思い浮かべますが、こういった意匠の要というのは、それら主材を際立たせている各所に配された小さく平坦な面の存在だったりします。ここではフロントボンネットから始まるドアパネルのウエストラインの面がそれにあたりますが、こういうデザイン上の小骨の『だし』を使うことで、主材の味にメリハリが出てくるワケです。同時にこれらの用い方のサジ加減のフェラーリらしさが、似たようなミッド12V であってもランボ・テイストにはならない、ひと味違う特有なフェラーリ風味の引き立て役となっているんですね。って、味噌汁でも作ってるような話の内容ですが。

フェンダーに関してはそれに、サイドにまわるとF40やF50に見られたパネル分割箇所を溝を掘った一本の線に見立てる処理の仕方がこのラ フェラーリで久しぶりに復活してます。アシェットのここがやはりGGは気になります。そもそも、この”溝”の起源はBBや308GTBでピニンファリーナが世に紹介したボディーパネルのサイドをくるりと一周、溝でラインを入れるデザイン手法が基になってまして、さらにはおそらくそれはメルセデスベンツが60年代の終わりにボディーサイドへくるりと一周、プロテクターモールを這わせた”ドイツ流の安全美学的デザイン” 辺りをヒントにした、”イタリア流の見てくれ美学的デザイン” 解釈だったんだろうと思いますが、とにかくそのドイツ人からパクってでっち上げて作っちゃった溝デザインをF40では上手いこと分割ラインに持って来て、F50ではこれをさらにボディーに常識的な水平ではなく、粋に「斜めに」入れることで完全に自分たちのモノにしちゃいました。イタリア人ってすかしてますよね。で、今回のラ フェラーリはこの応用。初期のデザイン案にはなかったんですが、デザイン中期頃からはこれが現れ始めます。要は初期デザインのコンセプトを纏められるだけの、それなりのデザインが出なかったってことですが、こういう時はF40やF50へのオマージュとか言っちゃえばいいワケで、言葉は立派なデザインツールのひとつなんです。

ともかく、GGもこの辺りは少し粋な感じに行きたいなぁとかって思います。


上の写真の拡大。アシェットの分厚い跳ね馬の七宝焼きも実際は薄いんですね。
wh-x02 b
このお馬さんも元はドイツ産(”あのクルマ”のシュツットガルト市 -馬の園の意- の紋章)だし。お堅い紋章でさえ粋なデザインに、イタリア人は実にすかしてます。

ドアのウエストラインは、件のフェンダー=ドアの隙間と共に段差が。ボディーサイドの溝線はもっと細く且つシャープに行きたい。量産モケイだとアシェットのせいばかりではなく、いろいろと上手く再現が出来ていないところが出てきます。

ホイールアーチの垂直カット面。皆さんもこれにはウットリ。えっ、GGだけ?
wh-x03.jpg

ラ フェラーリ 1/8 では...
カット面が途中で消失。GG、ウットリはお預け(泣)...。タイト感も欠けてます。
wh-zz 20

ここも幅が不等間隔でヨレヨレ。こういうとこもキッチリと行きましょう。
wh-zz 11 b


まとめはラ フェラーリのフロントカーボンスポイラー。GGはここ、クリアコート仕様にしてみたのはいいんですが、このスポイラー、実車だとフロントバンパーとは一体になってまして、構造的にあるいは別々のパーツを予め接着で仕上げたかの多分どっちかだと思いますが、GGはそんな実車の製造実情とかも気になって。
フェラーリは時間と手間を掛けて『本物の』スーパーカーを作ってるワケですが、もちろんコストも掛けて。GGもそんな手間ひまを掛けて『本物の』1/8 スケールモデルを作りたい。もちろんコストは極力掛けずに(爆)...それじゃムリだって。

いかにもな、ミニカー的造りのここ。
wh-zz 26 b

アシェットだと必然的に別パーツになってるこれらの部品、バンパーの塗装の厚みやフロントスポイラーの上面ラインが完璧にトレースされていないこともあって、この辺りがボテッと浮いて見えスケール感を損ないます。仰る通りどうせGGはオタクです、はいはい(笑)。でもこういう感じが暖か味といってもいいんですが玩具然としたいわゆるミニカーらしいキャラを醸し出してるポイントで、逆に言えばいまひとつスケールモデルに成りきれない諸縁をGGは断ち切ることにいたします。実物を見た時になんかクールでお高くとまっているように感じるあのアマルガムがいかにもアマルガムっぽく見えるのって、レジン素材自体の冷たさもあるかもしれませんが、こういうところの処理の違いもあると思うんです。でそれ、頂きます。アマルガムってスケールモデルらしからぬことはしない。そういうところは絶対にはずして来ない、凄いですよ、ホント。もちろんアマルガムもこれ一体造形。

いかにもな、スーパーカー的造りのここ。
wh-x01.jpg


以上が、これから行う予定の”アブノーマル チリ合わせ”の内容。予定を書くだけでひと話し更新しちゃうGGのインチキ ブログです(笑)。


*********************♪


と言うことで、これらの箇所をGGはどう処理するのかというと、昔ながらのスーパーカーボディーよろしくパテで肉盛りしておいて、そこから平滑な面やシャープなラインを削り出しで造形してまいります。
とは言え、パーツの設計自体は驚くほど正確なアシェットのラ フェラーリなんで、チリ合わせと該当のパーツ取り付けさえしっかりと行えば、こんな具合になかなか完成度の高いボディーが組み上がります。だからこそ打倒アマルガムの可能性が見出せるワケで、だからこそのGGのアブノーマル チリ合わせ、ってことです。

wh-zz 28 b2

パーツ肉盛りに使うのがHoltsの金属パテ。ご覧のとおり自動車用DIY商品です。
wh-z 20


*********************♪♪


次回はいよいよ、といっても次回がいつになったら来るのかGGにも分かりませんが、アブノーマル チリ合わせの実践を紹介いたします。そんなところで先程まで

フェンダーをガンガンと
wh-zz 3

バンパーとの接合面もガンガンガンと
wh-zz 2
GGはいっぱいの削りカスを出しながらも(汗)、

...来るべき日の紹介に備えて、精鋭頑張ってます。完
wh-zz 7


ん? これじゃぁ終わり方がGGブログらしくないな。

やっぱりいつものとおり、実のこと言うと削り出し作業に飽きちゃったんで、こんなブログ書いちゃいましたスミマセン(汗) ...こちらで締めることにいたします。


(汗)では、では。

週刊 ラ フェラーリをつくる: 『It's A Matter Of Taste. 』(車高調整ネタ。表題が決まらないんでヤケクソで英題にしてみました。w)

ttl.jpg
**************************LaFerrari 1/8; ride hight adjustment

手足が付かなきゃ 手も足も出せません ...



とりあえず、GG ブログのボディー制作編、前回までにフロントパネルのチリ合わせからヘッドライトカスタマイズへと進んでますが、その間もしれ~っと前輪が実装されたGG フェラーリがブログ中には登場してまして。実は今回のボディー制作編、元々は車高調整の話から始める予定でブログ原稿も草稿まで済ませてあったんですが、そうこうしてるウチに巷ではフロントボディーの建て付けの方が逼迫した問題になっちゃいまして、急遽GGもチリ合わせを前倒しで紹介してた次第です。
とは言え、サス可動の重量級大型モデルって、完成時の姿勢バランスも気になるところで、早いうちに出来ればソレ確認しておいた方が断然いいと思ってます。4本のタイヤだって今から60号も前のとっくの昔に配布されてるんだし、さっさと車軸を...付けてと...ってあれ? 車軸用のネジっていつ配布されてましたっけ?

ということで、やっとご紹介の 1/8 ラ フェラーリ車高調整の話です。
(写真もその頃のものなんで少々お古ですが、ご了承くださいませ。)

*********************♪


気になる画像がありまして...
下の写真、勝手にブログへ貼っちゃいましたが、こちらはイタリア産完成品の1/8 ラ フェラーリさんのお姿。あぁこれ見ると、アシェットちゃんと完成はするのね
って安心いたしもします。制作された方も多分ここ見たら「ジャポネーゼのブログにオレの写真が出てるぜ、Bambina!」ってさぞ喜ぶでことでしょう。良からぬことまで書かれてるなどとは存知もせずに(sudore;汗)。
本家イタリアでは既にアシェットの、てかCenturia社の 1/8 ラ フェラーリが、完号の日をとっくの昔に迎え、ネットや動画で実物完成品がアップされてまして、GG、そういう作例から大いにやる気をいただいてはおりますが、でも? なんかヘンですそれらの完成品が。車高もちと高いような。特にフロント側、300 km/hに到達したら、床下の風圧でクルマが浮いてバク転しちゃいそう。

立派なイタリア産ラ フェラーリの雄姿。ウチのも早くこれが見たい!
LH 05
でも一部を除いて!! ...ですが。(失礼なGG)

それと別の問題が次の2枚の写真には。フロントタイヤが豪勢にフェンダーからハミ出してませんか? これ実は上の方のも同じで、アップされたイタリア国内の実物完成画像って大抵この2点が皆さんに共通してます。まさか、アシェットってこんな出来上がりになっちゃうのかしら⁇ Centuriaさん、フロントへも間違えてリアタイヤなんかを配布してませんよね?って訊ねてみたいくらいにすっごく心配。
(リアタイヤは実際は径も大きいのでフロントへの装着出来ませんが)

なんだろうこのフロント? 自分のもこうだったらショック...。(またも失礼なGG)
LH 07
きちんと作られた方(↑)なので、フロントだけミスったとも考えにくいんですが、

こっちから見ても、リアはともかく明らかにフロントのタイヤは...んナ。
LH 06

他にもボンネットの閉まりが悪い写真が少々見受けられましたが。こちらは、GG既に承知済みで、ブログにも前に対策書いてますんで。

と言うことで、ずっと気になってましたのでサスアーム早速組んで検証してみたら
(とか書いてはおりますが、これやってたのは 1月の終わりくらいのことです。)
LH 00

ん~フロントトレッド、別に変なところはないようだけど。ちゃんとFタイヤ、ホイールハウスに収まってるんで上のイタリア産の作例ってなんだったんでしょう? 日本語版って創刊を前に修正されてる⁇ イタリアの方には申し訳ないけど、このままだったら終わってたんで、取りあえずはこれで一安心。ただ、もう一方の車高の件に関してはこれは日伊でも変わらないみたいです。もっとも車高なんてものは個人の好きずきの範疇でしょうから、GGの好みを紹介してもなんの意味もないかもしれませんが、それじゃぁ本日のネタにならないんで、とりあえず話進めます。


はてさてアシェット、一年も前(第23号 ’16.2/3)に最後の4本目のタイヤを配布しておいて、その後はサスペンションが組み付け終わろうとも、タイヤ取付けに不可欠の車軸ネジのことなんか知らんぷり。このネジ、配布は最終も最終、第100号に付いてくるのです。これじゃ支払い済みのタイヤがなんだかもったいない。
そもそもチェックしたいトレッドもライドハイトもクルマにタイヤが付いていなければなにも出来ないんで、先ずは代用品の準備から。用意したのは、3x15mmのナベネジ。ひと袋 20本入りで\136円、タイヤ代の1/10 の代金で(タイヤ4本で総額 \12,593円!)、これでラ フェラーリのタイヤを高額オブジェな日々から救うことが出来ます。ただネジの頭が大きいのでホイールキャップの取付けはムリなんですが(惜)。で、前輪を取り付けてみますとGGのは...このようになりました。

LH 02 b

フロントサスが全く加重を受けていない時の前輪はこんな状態。Fタイヤとホイールハウスの間にちょっと”開き”が。ただし先日ブログりました不幸なモノコック部品の不良事件のために、GGフェラーリ、この時はドア用モーターもラジエーターもなんもかんも未装着のウルトラレジェッラ仕様...でしたが、それらの重みが加わったとしても、果たしてこのサスってそれほど沈まないような気も。

なので、次はコイルバネを抜いて車高の様子見、要するにダンパー底付きの状態の再現。これくらいだと前輪が綺麗にタイヤハウスに収まるんで、こっちのが好みですね、こんな具合で...。このモケイ、フェンダーを留めてるフェンダー=バンパーの接合ネジの長さが心もとないんで(かなり短い)「サスが可動するんだよ~ん」なんてお友達の前でむやみにフェンダーをギコギコやるのはネジにもフェンダーにもよろしくないって思ってますので、バネを抜いても別にGG気にもしてないんですが。そもそも今までサスギミックなんて完成しても触った試しはないし、どうしても自分はデフォルトの状態を大切にしたいんだ的な有り難味なんてのもないんでバッサリと自分のやりたい事を優先しちゃいます...何分、GG的な考え方ですが。

LH 01

そんな(↑)具合なんですが、GGだったらさらに一声下げたい。タイヤの収まり具合の美しさなどより、地上高重視で迫力のあるクルマ全体の美しい姿が見たいって考えます。クルマ自らの重さで地面に踏ん張ってる様、それを再現したいのでこの状態からさらに車高を調整したカスタマイズを行います。下げる車高は3ミリ、車体が沈んでいるような沈みきっていないような、どっちつかずの状態になっている高さ、今回は GG.takaらしく※これにこだわってみました。(※ GG.takaらしさ:他の人がどう見ても意図していることが果たして理解出来ないような微妙な違い。または、どうウケたらいいのか分からない自慢の一人つっこみギャク)

今回のGGカスタマイズポイントってコレ。
LH 08

前述のとおりGGフェラーリは、フロントサスが既に底付きの状態なのでここからさらに車高を落とすため、ダンパーへ手を加えます。ストロークする長さをオリジナルの赤のラインから黄色のラインまで(これで3ミリ)延長、マスキングテープの位置を目安に平ヤスリで削り込み、ダンパーヘッドの位置を下げています。

LH 03

で、これを取り付けると...、いや、こっちは底付きサスの方だな、
LH 01

こちらが車高調整後の状態。
LH 04

分かりにくい...ですけど(笑)、ホイールアーチとタイヤとの位置関係から下がった度合が見て取れるかと思います。この分だけクルマの底と地面の関係が近づいたってことなんですが、真横からの眺めは確かに以前の方が綺麗です(汗)。でも、この 1/8 ラ フェラーリ、タイヤの径が少し実車より大き目な気もするのですが。

と言うことで、皆さんはどうお感じでしょうか、ってまだ誰もホイール付けてないか(笑)。縮めたダンパー長は、そこにワッシャーを入れることで、車高を後からでも調節出来るようにしてありますので、もう少し総合的なバランスを考え、例えば前下がりにしてみるとか、今後も車高を微修正していくかもしれません。現状は取りあえず程好い感じになってます。車両メーカーのカタログ写真って空車の車両に重し載せて、とぼけた感じに写るのをなくしてるって言うじゃないですか? ウチのクルマも写真に撮ってみても(↓)どこぞの雑誌掲載写真っぽいバランスでしょ?
んんん、でも、なんなんだぁ? このフェンダーに出来てる隙間って!! ...(続く)

こんな”隙間”フェラーリはイヤだ~って、フェンダーおたくのGG(汗)。
wh-z 01
覚えてます? これ、あの露西亜系掲示板の慰みモノ写真(C)です。

実のところは、続く...はなくって、結局は前倒した「ボディーのチリ合わせ」の話が当初の草稿では上記のわざとらしい展開を経て今回の車高ネタの後ろにムリやり繋がる想定でした。古い写真を使った言い訳ついでに拙文までそのまま残しましたが、もちろんフェンダーの件はボディーのチリ合わせと共に修正済みです。そんなところで、この次からはいよいよチリ合わせを終了した、後の、さらなるダメ押し、当社比GG究極の”アブノーマル チリ合わせ(汗)”を実施した上で、GG的ボディーカスタマイジングの最終到達点 ”The リ〇〇ント”へと皆々様を誘います。

これ The を付けて場を盛り上げたのは、そうでもしないと本当は面倒くさくいだけでやりたくないから(笑)。...という誰でも思いつくアレですけれど、多分誰もやったことのないお手元のモケイフェラーリが実車フェラーリに近づくその旋法。なるほど!アマルガム相手にGGはこれで対抗するのか!? ってな奥の手を”The”の意味に込めて一発仕掛けてあります。


人の好みなんて It's A Matter Of Taste...
もし、ご賛同いただけたなら...ホントGGは嬉しいのですが。

では、では。

週刊 ラ フェラーリをつくる:ボディー作成編  そこんとこはやっぱ、プロ目じゃないと

hlu X04
************************LaFerrari 1/8; headlights modification

たまには 工房(?)も筆の誤り....


アシェットのというか、実際は伊国 Centuria社(出版)とGrani & Partners社(製造)の 1/8 ラ フェラーリなんですが、曲がりなりにもGGは『打倒!アマルガム』を掲げるくらいに気に入ってはおりまして、個人的には近年にはないよく出来たモケイだと思ってます。...

ぐわぁ~、そんなこのラ フェラーリなのに、何故なのここは。
そんなワケのGG、久々カスタマイズです。

*********************♪



話、変わりますけど、というかカスタマイズ話の伏線なんですけど、前・前・前回の紹介のとおりGGは極度のプロジェクターヘッドライト好き(ロシアの方にまたコピーされると恥ずかしいから、おたくとかフェチとか○態とか、って言い方はヤメますw)でして、なので手持ちの1/8を片っぱしからそれっぽくカスタマイズしております...といってもプロ目のクルマってラ フェラーリでまだ3車両目ですが。

その1台、”屋根なしの『純白』牛”。これ、妻にも内緒の極秘実験用の車両で。
元は透明度も高いとは言えないプラレンズに真ん中にハメ込みピンも出てました。
fit 07 0

要は早い話しがオリジナルのプラ製レンズ部品から一般に市販されているごく普通のLEDへ取り替えてるだけなんですが、これだけでおたくやフェチや○態ではない人(汗)でもすぐに分かるくらい、何気にイイ感じのディテールアップが出来ちゃったりします。この牛、特に今後の電飾予定はないんですが、それでもヘッドライトのレンズを5ミリφの砲弾型LEDに置き替えますと、LEDの高い透明度を有するエポキシ樹脂で形成されてたレンズカバーによってそこから取り込まれた外光が、レンズ奥に位置する薄黄色のLEDチップ表面をにぶく反射する様が、まるで車に実装された本物のプロジェクターヘッドライトユニットの内部レンズ構造を再現しているようで、見た目楽しく実にソレっぽい感じに見せてくれるんです。

fit 08 0

モケイって、基本的には対象物の表面の凹凸を丁寧に再現してあるだけでしょ? 例えば、美女(の模型)の目だって角膜に映る表面の反射やら瞳孔の奥までは再現出来てないから、だから、とは言っても1/8 や1/6 スケール程度じゃ再現ムリですけど、結局、表情表現がそこでモケイ止まりになっちゃう。

hlu 14b

なのでクルマ(の模型)の目にも、パーツへの奥行き感や表情豊かな精密感を与えてやれば、より本物っぽさ(=機械っぽさ)が出て来るって、GGは思うのですが。


これで、話は本題に戻りますが...

**********************


最近のスーパーカー。獲物を狙う捕食者の目つきのような、プロ目ヘッドライト。
このデザインに、GGはハマってしまって。だってカッコいいじゃありませんか?

ラ フェラーリも幾分シンプル気味ではありますが、これはこれで悪くないかな。
hlu X06

プロジェクターヘッドライトが欲しくて、最新車両のモケイ作りなんぞもしてますが。で、アシェットのラ フェラーリ、ここら辺の造りがどうなっているのかなぁというと...?

あっ、GGさん。ここへLEDヘッドライトの部品が付くんですね?!
fit 05-2 0
いいえ、これで終わり...!! しかもLEDが既に入った状態でこんなんですよ(驚)。

”ここら辺の造り”? な、もんなんてナ~イ。もの足りなさ過ぎ...なんて言い方じゃ、もの足りなさ過ぎじゃぁありませんか、コレって。だって、ほら(↑↓)。
light A01

何故ゆえこんな中途半端な造りにしちゃったのかしら。しかも銀に塗装した後壁がハッキリと見えるから「何んにもナ~イ感」が完全に際立っちゃって。だったらいっそLEDを差してる奥面の銀壁はつや消し黒にでもして目立たなくするなり、カタチ造られてはいないレンズ部の存在は消しちゃった方のが正解だったかも...。

ちなみにウインカーとデイライトの部分、実車は透明部品ですがここでは銀色の塗装になってて(塗装ですが、雰囲気はそんなに悪くない)、削ってみると下地は不透明の黒色プラになってました。これだと電飾ギミックは施せません。一家に一台はデイライト付きのクルマ(の模型)を、って考えていたんでちょっと残念。もっとも、ラ フェラーリにはこれ以上の追加ギミックを入れる空間が、GGには電飾をするテクニックが、はじめから元々ありませんでしたが(爆)。

点灯の状態は? ここ、明るさでLEDの形が誤魔化せるようならばよいのですが...
fit 05 F-1 b
ちょっとこれではムリかも。そもそもここへ 3ミリ がダイレクトって小さ過ぎます。もっとデカく見えるようにしないと。青が強く見えていますが、色はホンの僅かに青味の入った白。安物カメラのせいです。低予算ブログでスミマセン(汗)。


ということで、お仕事発生です! GG.taka is GO.


ん? またオマエ、何んかのビデオにハマってるだろ !?


********************* ♪


...さて、
こいつをどうするかなんですが、伏線話するくらいだから、もちろんここには砲弾型LEDをブチ込んでそれらしく透明な奥行き表現も再現しちゃおってワケですが、
fit 05

如何せんLED...サイズがないんですょ。極小3ミリは論外、5ミリφでもまだまだ小さい、8ミリφ ...超デカ過ぎ、はぁ? ええそうなんです、5ミリφの次が突然デカくなるんです LED。見た目からしてもうダメ、ミリで言うと然程でもないんですが。
(ということで、しばし困りましたが、小さけりゃハナから意味成さないし...。)

左から 3(付属品)、5、そして 8ミリ。あいだに2サイズくらいありそうでしょ?
hlu 17 c3 (3)
今回はGG史、最安値の加工部品。5ミリは \100円/個、8ミリは なんと\50円ス。

(汗) ...とにかく、加工進めます。

fit 10 0
取り外し&取り付けは、前ログ焼き留めピンをご参照に。ここの長~いログの後半辺りにあります。長くって相変わらずのご迷惑をお掛けいたします(汗)。で、ここでも一応繰り返しておきますが、接着剤のご使用はダメ~ですヨ。

これで、LEDとりつけ部とウインカー部を外したところ(↓)。あと、この黒ワクを外して終了ですが、ライト部品は4パーツ構成。何ともスゴイなやっぱりこの設計、って、なら何でェ?ってなおさらにレンズ部の造りが...いただけまへん。
hlu 23 (2)

先ずは取付ける側の加工から行きましょう。8ミリLED、やっぱりコレじゃないと大きさが小さすぎる(←文、ヘンね)。取りあえず”手”は打ってありますので、後ほど。で、もう一つ、ここで絶対にGGは見逃したくないのが、実車にあるプロ目を取り囲むクロームリングの存在。あの怖~いT-800型(ターミネーター)の冷徹な視線を彷彿させる例の最近のプロジェクターヘッドライトの意匠はこれが決まり手、なので決して無視なんて出来ない...出来ない、んですが、やっぱりナイんですそんな丁度いい輪っかなんて。ここ ”クロームでメッキ”じゃないとダメなんで。

ヘッドライト。現在の”捕食獣”の目になるまでに、こんな遍歴がありました...
hlu 16 d

『ここ ”クロームでメッキ”じゃないとダメなんで』...ダメなんで、コレにしました。余りモノの切れ端。今回はとことんお金が掛かってませんネ。まぁ、よしんば
プラとか金属のリングを見つけて来てもクローム感は多分出せないと思います。
hlu 19

それをこんな風にLEDへ巻き付けます。安手の対応ですがクローム感はあります。
hlu 22
なんか、汚いし色悪い...でもちゃんと”クローム”してますし「本番」は貼り直しましたんで。写真映り!写真映り!ですからね汚いのは(笑)。

でお次は、取付けられる方の加工。LEDを取付けるパーツの後壁をギリギリ目一杯の大きさまで穴を開けます(というか広げます)。加工はひたすら細い丸棒の金ヤスリ。さて、結構綺麗でしょ? 中心を出すのだって何気にむずかしんですよ。で、何時間掛ったかは内緒(汗)。もちろんこのままじゃ8ミリ入んないんで...
hlu 09 (2)

ウラ側もちょいと加工。テーパー状(すり鉢状)にカッターで削ぎ落して、8ミリLEDの球状先端が隙間なくフィットするようにしてあります。これでLEDの先端一部がユニット後壁から上手く飛びだして球面レンズの”フリ”をしてくれると思います。ちょいとなんて言いましたが、これに何時間掛ったかは...。
hlu 10 (3)

そして...両方の部品を接着してひとつに。
hlu 12
飛び出した目ん玉、イイ感じでしょ!? 接着はエポキシボンド。もちろんエポキシ、液状なんで接着中のハミ出しに要注意です。しっかし...汚いネェ。写真映り? いやマジでこれ汚いだけですけど(笑)。

後ろ側から見るとこういう感じ。
hlu 13 b
この後光漏れを予防するために「ミラーフィニッシュ」を二重巻きしてつや消し黒で上塗り。ただし、端子部はショートするので、ミラー巻きも、それにレンズが暗くなるので黒の上塗りもここだけはなし、代わりにエナメル白が塗ってあります。

これで加工済みのパーツも揃って、あとは元に組み直す...のその前に、実は
hlu 18 f (2)
その前に実は”最後の一手”。カスタマイズってのは最後の一手、コレが一番大切。

あっ、この人、キ・レ・イ。💛
hlu 15 d
(いい加減、クソ加工のカス写真ばかりなんで、GG、モチベだだ下がりしまして)

ブログ、ここで切って明日に繋げ...ても、いいんですが。また冒頭写真やプロロ文を考えるのが面倒なんで(...そんなもんかいナ、GG??)続けます。長文読ませておいてなんですが(汗)、皆さんに一番役に立つ情報って以下じゃないかと思います。

********************* ♪



ヘッドライトのレンズカバー。映り込みが激しいくらい綺麗でしょ? 透明感だって、プラに似つかわしくないし。これ、”ある” ツヤ出し掛けてあるんですよ。

hlu 20

GGがここで使用しているのは...

高密度ガラス繊維系ポリマー『ブリス』


なんなら頭に”驚異の”って付けてもいいかもしんない。

hlu 21 c

これ、昔☆ブログ地球の青☆のかずさん(レッサーかず氏)に教えていただいたもので、もの凄~い効き目の自動車用のコーティングリキッド。その脅威の仕上がりのツヤはもちろんボディーパーツの塗装研磨面に残ったヘアスクラッチさえも”無き者”にしてしまうくらいな、正に掛け値なしのスーパーコーティング剤。もちろん模型にだって使用可能です。
そんなのがあるんだったらJAPAN WAXなんていかがわしいのを紹介しないでさっさとコレ教えてよGG!!ってところなんですが、GG実はブリスが苦手(汗)。手に着くのがどうも。で、手に着いたコーティング剤でマウスとか触ると、マウスが、で、今度はそのマウスを...そういう繰り返しがどうしてもイヤで。ほら、アシェットのパーツも毎回油漬けでしょ? だから石鹸で毎週洗ってるし。とにかくGGのポリシー設定がコーティング剤なしでの鏡面仕上げなんで、ツヤ出しもチリ合わせも仕上がりよりも基本でばっちしそれ出来てないと、ってコーティング剤による仕上げには否定的なんです。負け惜しみかな?
ただし、ブリスのクリアーパーツへの使用はさにあらず、これ以外もう何も考えられないくらい。単にツヤが出せるとかではなくって、もうこれは質感向上剤みたいなレベルなんで。上で”手に着く”なんて書きましたけど、実はもの凄くサラサラ、でもって完全・完璧な無色透明具合のすごさも気に入ってます。モデリングワックスってタミヤさんのとか、ツヤも出るけど濁るでしょ?塗装面(クリアパーツ)が。

要するにブリスの表面の微細な凹凸を覆い鏡面に仕上げるコーティング効果の鋭さが、光の屈曲さえも補修して透過性を結果ものすごく向上させるんです。ブリスの透明パーツへの使用結果はまさに↑の写真どおり。透明感が増してプラスチック素材の厚みすら何故だか感じられなくなる。大袈裟ですが、少し離れたところからだと、アクリルか厚手の塩ビにパーツが変わっちゃったみいですよ、ホント。使用はホンの少量で優しい布にて、オモテ面だけでなくウラ面も併せて塗布してます。オモテ・ウラへ使用することで効果が文字通り倍増、そのためにわざわざヘッドライトのパーツをばらしたワケです。ウインドへ使うと車内が暗くなったようにも見えますが、それはプラスチックの濁りを取り除いた本来の色彩で、見れば中にのぞく各々のパーツのコントラストが引き立っているのが分かると思います。いいなぁ、そうだこれ今度はボディーのツヤ出しにでも使ってみようか!(爆)


打倒アマルガム、妥協アマルガム
50万円の価格差に近づけ! GG
アマルガムにもっと近づけ! アシェットのラ フェラーリ


ということで、そろそろ長~いブログを締めましょう。ピカーッ
hlu X03 C
こちら(↑)は今回のブログに当初使うつもりだったプロローグ用の画像。ボツにしたもんでしょうがないから、もったえないんでここに使い回しました(笑)。

こちら(↓)は正規に使用の画像からヘッドライト部分のアップ。加工前(左)と加工後(右)...というより、なんだか組立てをする前とした後って感じですけど。まぁ。
hlu X05b 2

かけた費用、たったの\100円。8ミリLED \50円X2個と余りモノの銀幕シール。これで完成度は? ...GG、今回はどこまでアマルガムとの差を詰めたのか。
light A01

ん~。出来が小さかったかも。モケイ的にはこれでイイ、とは思うんですけれど。
(↑ 嘘、ウソ !! ) レンズカバーの透明感をアップさせていることも忘れないでね。
hlu X01 B3
LEDに映り込んでる絵が実車(上)と一緒なことに、GG何ゆえに感動してたり。
おっと、書き忘れてましたが、後壁もつや消し黒で筆塗りを施しておりました。


と言うことで、
hlu X02
お手製電源ボックスに繋げてます。LED購入先も含めてこちらに記載してました。

長くなっちゃいましたけれど、ヘッドライトのカスタマイズはやっと終わりです。激、疲れました。


あのさ、読む方のがもっと疲れたんスけど。
...やっぱりそうですよね、本当にあいすみませんでした。



では、では。


週刊 ラ フェラーリをつくる:おもいっきり番外編 取りあえず ビデオ画でご勘弁を

hlu 08
********************************LaFerrari 1/8; a building tip


あっ、GG 風邪 引いてしもうた....


このパートワークマガジン、いまさらですが、書籍名は『Costruisci LaFerrari (ラ フェラーリを組み立てる)』...だから、この1/8 モケイの設計者はこれを単に『週刊 ラ フェラーリ の ”模型” をつくろう』ではなく、まるで本当のラ フェラーリを組立てるかのごとく、毎週の作業を楽しんでもらおうという意図で設計をしてたんじゃないかと、それに実車ラ フェラーリがどんなクルマなのかを知ってもらおうとも。そんな深慮があちこちに...風邪引いて熱あっても、感じられるんです。
それが毎号配布されるパーツの、昨今のプラモ等のそれではない実車部品形状に近い状態、いわば実車部品のミニチュアになってる理由でもあるんじゃないか、と。

★★ GG、今回もカスタマイズはおサボり(爆)です、うかつにも風邪をひいてしまって。頭はなんとか、でも体動かすのがしんどくって。これロシア風邪?なワケないか。で溜め置きネタの垂れ流し(笑)。しっかし最近のカゼはしつこいねェ、なかなか良くならない。あっ? 単にこれって年寄りになっただけなのか(汗) ★★


この写真はアシェット ラ フェラーリの電池収納ボックス部、お得意のエンリコ氏のFBからの勝手な拝借(笑)。ここだけでも、このモケイの面白さが分かります。
実車のHY-KERSのバッテリー搭載位置と同じになっているのは設計上の成り行きだとしても、普通は電池4本分の大きな収納スペースを確保するために設計側でそれなりのモケイ的形状変更が行われてたりしますでしょ?「しょうがねぇだろ、電池が入んないんだからよぅ」ってな具合に。ところが、ここでは、電池ボックスを左右2つに分けて(単4x2づつ)しまうという発想にて必要な容積を稼ぎ出し、モケイ設計上の嘘を自らで侵すという愚行を避けているんですよ。さらにこの設計のユニークなところは、この電池ボックスを実車のHY-KERSバッテリー収納ケースに見立て同じモールドを施すことにより、組立てる側にもそれを直観的に分からせる工夫まである。...単なる四角の箱で終わりですよね、普通ならこういう所って。

hlu 03 b

下はラ フェラーリのエンジンディスプレイ。エンジン手前に位置するのがHY-KERSのバッテリーユニット。黄色いバッテリー収納ケース形状が同んなじです。
fit 17

それにこのHY-KERSバッテリーユニットの底板のカタチ。1/8 ラ フェラーリの電池ボックスが収まるアンダーパネルの蓋の形もよく見ていただきたいのですが、アウトラインがここと同じでしょ? こういうところだって、タテタテ・ヨコヨコのお手軽四角形だったりするのが常の識でたとえここらに車体部品のモールドがあろうと、シャシー構造体の造形があろうと、お構いなしに普通ならばっさり四角い窓を組み込んじゃうでしょ、模型ってのは昔っからそうなんだとでも言いたげに。

この写真、どこか分かります? フロントアンダーパネルの可動スポイラーです。
hlu 04 b

このスポイラーも実車同様に可動しますが、そのことよりもよっぽど素晴らしいと思うのは、これを動かしているアクチュエータ-までが、ご覧のとおり、別パーツで再現してあること。この部品、お気づきでしょうか? これ、取付けた直後にはすぐさまアンダーパネルと共にボディーフロント内部へ組み込まれてしまう、もう二度と見ることはない『僅か数分間しか存在しない』パーツです。このラ フェラーリ モケイって、こういう”見えない再現”パーツがいろいろと出てきます。

これって...大いなるムダ? いや、これこそモケイ本来の正しい在り方なんだってGGは思うんです。もう二度と目にすることのないパーツ達、しかしこれらを組み付けたという記憶は、パーツのカタチや取りつけた場所とともに確かにボクらの中で残ります。そしてそれらはボクらにこのクルマのメカニズムの凄さを分からせ、また存在価値や偉大さ豪快さといったそのクルマの本質を内面的な方向から理解する手助けし、より深くそのクルマを教えてくれる。モケイを造ることってそういうことだと思っています。これらのパーツがもし省略されてて何もなかったら、美しいそのクルマの外見は分かっても、クルマの内面的な姿は容易には知る由もなかったハズ。もちろん、こういうパーツの再現の是非は、そのモケイを製造する側が実車と深く向き合い、その中から、自社の製品を造るにあたり、何をすべきなのか、何が出来るのかを考えた結果。組みあがっていくモケイの中に見え隠れするそんな設計者の考えや模型メーカーのポリシーやブランドを楽しむこともモケイ造りの醍醐味だって...そういうのって、古いかなぁ。


何言ってんの、GG。クルマモケイなんてのは、外見の善し悪しでしょ? 完成後は見えなくなるところが適当に作ってあってもそれで別に差し支えないじゃない。
...確かにそうかもしれませんが、でもこれを観ておくと



「あっ、このパーツあった、あった!」って、この先も週刊 1/8 ラ フェラーリを ”組み立てる”ことが、うれしくなると思いますよ、きっと。



では、では。

週刊 ラ フェラーリをつくる:おもいっきり番外編 取りあえず ロシア語でご挨拶を

Добро пожаловать! Меня зовут GG.taka...



///ページの下部へ文章を追記しました///
突然のロシア語ブロク、いったいGGに何があったの? やっぱアレ。いや、あれはもう完治してるって、本人が言ってた。じゃぁ、あっちか?多分そう、かも
今その真相がGG本人によって語られる!!!って、別に大したこともないんですけど。
...せっかく書いたんで、暇つぶしにでも読んでください。下半分から日本語ですよ。



Я строить Laferrai ам в Японии тоже. Здесь, в Японии, в настоящее время No.78 выдается на прошлой неделе. Ниже моя маленькая модификация. Я надеюсь, что, если они дадут вам некоторые подсказки и помочь ваши фантастические дни с 1/8 Laferrari.
(Мой русский язык ОК ???)

блог главную страницу (main page)
http://18modelblog.blog.fc2.com/ ←нажмите, чтобы перейти страницу
20000 GG - 2

панель корпуса фитинга (body panel fitting)
http://18modelblog.blog.fc2.com/blog-category-17.html ←нажмите
fit 25 xyz

кокпит (cockpit)
http://18modelblog.blog.fc2.com/blog-category-16.html ←нажмите
cc086.jpg

фигура водителя (driver figure)
http://18modelblog.blog.fc2.com/blog-category-22.html ←нажмите
mc b 12e

углеродного волокна деколи (carbon fiber decal)
http://18modelblog.blog.fc2.com/blog-category-18.html ←нажмите
cut 01



ありがとうございます!(Огромное спасибо ! )



*
Google翻訳の誤訳・爆訳にて例え日本へ露国からの核ミサイルが降って来ても
......当局では一切関知いたしません。店主(汗)


/// ここからが今日の追記... ///


GGも覚えあります。イタリア本国のブログとかからしこたま画像を集めたっけ。海外企画モノのパートワークモケイって日本だと大抵先行する国があるんで、先々のパーツ配布内容とか問題解決のヒント、カスタマイズのプラン立てにとか、非常に有益な情報をそこから得ることが出来ます。そんな感じでブログにもリンク付けましたエンリコ氏のFBなんか、勝手に写真を拝借したりとか、ホントいろいろとお世話に(?)なってるんですが。遠いロシアでも今年の1月10日に、ロシア語版『週刊ラ フェラーリをつくる(LaFerrari. Сборная модель.)』が創刊されまして、同様の情報収集のためかウチのブログにも流れ星みたいに時折ポツーン(寂)と、ロシアからの来訪があるにはあったんですが、一昨日はそれが突然に激増(当社比でですけど)。ん?調べると、現地のとある掲示板にウチの画像が...なにやら出て来るんですよ(謎)。

ロシア語版 週刊 ラ フェラーリをつくる『LaFerrari. Сборная модель.』
ru lf 01
※以降、”露西亜”って漢字で書きます。変なこと書いてもバレないように(笑)。

その掲示板、のぞいて見ると結構面白いもので、のぞくって実際は写真を見てるだけですが、露西亜の人達も、創刊当初は”配布されたタイヤがデカ~イ”とかなんとか無邪気に楽しくやってらして、自分で制作した露デアゴの「GAZ M20」(露製の旧車)へ過激にも無理矢理デカいタイヤを履かせて喜んでいらっしゃいました、が...しばらくページが進むと、案の定、雲行きが怪しくなってきます。”シートの出来が良くないのでは?”とか ”この隙間って(汗)??”とかとか、ご多分に漏れずシリアスな話題へ展開して行きまして、ねぇ先行している国ってどうなのさ?ちゃんとしたパーツは来るんだろうなオイ、ってな感じで。それでウチの画像ってワケだったようです。パートワークモノって、どこの国でも一緒ですね。

ただねぇ(困)...
せっかく貼ってくれたそのGG画像なんですが、GGがヘンテコリンな註釈を”国内向けに”入れたヤツがよりによって使われているもんだから、それが意味不明(汗)な露西亜語に挟まれ書いた本人からすれば もの凄~く恥ずかしいのなんのって(爆)。

例の掲示板、こうなってました(スレから一部抜粋)。
ru lf 02 c
フェンダーおたくの...なんて、なんで書いちゃったんだろうオレ、嗚呼。

とはいえ、この恥ずかしいw画像を貼っていただいた方、わざわざGGブログの一部も露訳までしてくれてて、何とかいろいと 1/8 ラ フェラーリの情報を掴もうと頑張っていらっしゃるのが分かります。Google翻訳かけると、ちゃんと「部品、乗せてあるだけ、ネジ留めしてない」って見たことある文章も出てきます。多分この註釈についても”何か大切なことが書かれてるのでは?”って残したんでしょう。ええ、大切ですよ、どうせ(汗)。このスレッド、1月10日の創刊にして既に早や25ページ超えのすごい勢い。夢物語が現実に変わっていく様を、どう受け止めたらよいのかと困惑する露西亜の皆さんの気持ちが痛いほど伝わって来ます、ってホントは何書いてあるんだかさ~っぱりなんですが。

ということで、伊太利の人々から勝手にいただいた恩を今度は自分が露西亜の人々へ勝手に押し付ける番とばかり、と、何かしたくなりまして。まぁホンネは、生まれて間もない活気付く露西亜の1/8 ラ フェラーリ事情が羨ましかったのかもしれませんが、さておき、困惑する露西亜の人々へ遥々遠い国からのメッセージを送ることにしました。突然の遠い国からのメッセージなんて、なんかスターシャみたいな感じでもありますが、

 『わたしは..イポーニャの...GG.taka。あなた方に勇気がおありなら、
                       わたしのブログへ. .. . 』

とかなんとか、波動エンジンの設計図ならぬ、GGブログの URL でも付けて書き込んだら、露国からヤマトが何隻も来るんじゃないかと思って。(ヤマトって、1隻だろ、GG!)

**********************



こちらがその掲示板、『Форум о журнальных
ru lf 03
タイトル和訳は「フォーラム誌」ってなんか素っ気ない名前でしたけど。

投稿は露西亜語文章ですが、まぁ波動エンジンの設計図だけ届けばそれでいいんで、そのあたりはGoogle翻訳に適当に一任ってことで(笑)。ただ、日本語 ⇒ 露語の翻訳なんて、到底機械にはムリなんで、米語 ⇒ 露語にはなってます。たったの4行のアメリカの小学生に大爆笑されそうな苦作の英文を、Google翻訳かまして直コピペしてありますので、きっと露西亜の小学校でも笑いをフリ撒いてくれるに違いありません(汗)。

投稿には掲示板の登録が必要ですが、まぁ露西亜語だって登録画面なんてどこでも一緒ですから、Google翻訳使ってやり込めましたが、最後の最後で思わぬ難関が。苦心の必要事項入力を済ますと、最後に露西亜語で書かれた質問が出て来るんですよ。これに答えられないと登録は出来ない、セキュリティのためですね。で、難解な露西亜語で書かれたその質問とは;

  『八に六を足したら、さていくつ?』...ハハハ露西亜恐るべし(笑)

地元の小学生なら簡単に解ける問題も、露西亜語で書かれたら大学受験レベル。
”14”ってちゃんと答を入力したんですが”入力ミスデスヨ”と、そこから先へはどうやっても進めない。質問を変えてもダメ。2...ダメ。6...ダメ。同じような足し算とか掛け算の質問なんですが、ダメ、ダメ、ダメ、核ならぬ”書く”の恐怖ですか、コレ?

やっぱり日本語で考えてはダメか?と露西亜語で考え ”четырнадцать”
(十四)って入れたら、あっさりOKでした、ネットからのコピベですけど。でもちょっとトンチが効いてないかいな。日本語で書かれていたとしてもそう簡単には答られなかった気もするんですが...。
※海外サイトへの登録は十分に危険な行為ですのでおすすめはいたしません。


こちらはロシアの1/8 ラ フェの特集動画。大きい、ってことが言いたいのは...

よくわかりますけどねぇ。 よろしかったらジャム入り紅茶をお供に視聴どうぞ。


登録も投稿も完了、あとは投稿がアップされるのを待つだけですが流石は元警爺美(=適当な漢字で当て字。アルファベットじゃ露西亜の人に分かっちゃうのでw)の国、投稿したコメントにも昔ながらの厳重なチェックが入るようです。

...30分、1時間、2時間...時間だけが過ぎます。どんだけ厳重なんかい?

その後3時間が経過するも一向にまだ投稿した文は反映される様子もナシ(汗)。
もしもし?警爺美さんたちったら、サボってんじゃない⁇ それともランチ・タイム? いや、今日ってもしかして定休日?


結局いつまで待ってても、埒があかないんで、もういいわい! と、メモに残しておいた、露掲示板用の投稿原稿の内容をこのブログに貼り付けちゃいました。それが冒頭のインチキ露西亜語文章だったりします。登録は失敗だったみたい。あぁ、やっぱり露西亜、恐るべし。


追伸:
その後、投稿した文章は無事アップされてました。4時間、結構掛かってない?


では、では。すぱしーば。